livetune『Re:Package』


出典:http://amazon.co.jp

2007年9月、初音ミクのボーカルによる鮮烈で良質な楽曲が、ニコニコ動画やYouTubeに投下・拡散され、多くの人々の耳と心を掴んだ。
その楽曲『Packaged』は、エレクトロニック・ダンスミュージックとして機能しつつ、メロディと歌詞が明朗な、ポップミュージックでもあったのだ。
当時、初音ミク楽曲は、ミクならではの歌唱特性を活かした楽曲が多かった中、『Packaged』は異色なほど、王道なポップミュージックとしても成立していた。

その歌詞も巧みで、初音ミクが世界へ向けて、パソコンのソフトという自身の存在形態から発するデリケートな胸中を、しかし、明朗な告白のようにシンプルな言葉で歌い上げる内容になっている(ある意味、歌詞はミクならではの存在感を活用していたと言え、その歌詞を画面に表示しなくても全て聞き取れた点も特筆すべきレベルにあった)。

その絶妙なプログラミングが施されたシンプルでキュートな言葉の歌声と、印象的なメロディとビートは、人々の琴線に響き渡り、その作者 livetune の名を、多くの人々が心に刻んだ。
正体が判らなかった当初、一体誰なのか?、プロの犯行ではないか?、中田ヤスタカではないか?等々、様々な憶測がネットに溢れた。
(ちなみに、2007年9月は、奇しくもPerfumeが、そのブレイク曲『ポリリズム』を正式リリースした時である。『ポリリズム』は7月からそのパイロット版がCMで流れていたとはいえ、ほぼ同じタイミングで、エポックメイキングな2曲が、この世界に登場したのだ。私自身、iPodでこの2曲を並べて聴いていたことを鮮明に覚えている。)

ほどなくして実体は知られることとなり、livetuneは速やかにシーンに浸透して行った。
livetuneは、kzと、かじゅきPによる、ユニットであった。
名曲『Packaged』を収録したアルバム『Re:package』は爆発的なヒットとなり、2009年初頭にかじゅきPが脱退しkzのソロユニットとなり、その後も『Tell Your World』(Google ChromeキャンペーンCM曲)等々、印象的な楽曲を多くリリースし、活躍の場を拡張して行った。
順風満帆で稀有な成功を短期間におさめた印象もあるかもしれないが、おそらくそこには、創作に対する真摯な姿勢が、大きなエネルギーとなって注力された日々があったことと思う。
実際、kzのインタビュー記事等を読み、そこで紹介されるスタジオのセッティング等からも解るのは、非常に繊細かつタフな、手を抜くことがない創作への意欲と工夫と配慮の数々だ。

『Re:package』は、最初、同人アルバムとしてリリースされ、すぐさま完売、再発の生産も追いつかない人気を博し、その品薄欠品状態を打開する必然的な流れとして、2008年8月にビクターエンタテインメントから、メジャー生産流通盤がリリースされた。
発売当時、秋葉原・渋谷・新宿などの街路やCDショップ店頭にて、『Re:package』のジャケ画のポスターや、熱のこもった手書きのポップが添えられ店頭に平置きれたCDなど、街がミクで溢れかえった光景を覚えているファンも多いだろう。
それは、ミクがメジャーシーンに躍り出た瞬間でもあった。

いまや初音ミクは、その歌声も含めて、老若男女誰もが1度は見聞きしたことがある程メジャーかつ普遍的な存在となっている。
人間の肉声による歌唱に近いとか遠いではなく、ボカロならではの存在感と魅力として、人々に親しまれ愛されている。
ボカロならではの歌唱を、人間がカラオケなどで踏襲・トライして歌って楽しんでいるほどだ。
ボカロ楽曲は、ポップミュージックとして、その可能性を拡張し、普遍的に楽しまれ愛されるものとなっている。
それは、livetune/kz氏も含めた、多くのクリエーター/ボカロPの熱意あふれるクリエイションと才気、それを旧来とは趣もスピード感も異なる状況で伝搬配信可能にしたネットメディア、そしてそこから生まれる作品を楽しみ愛する多くのリスナーの存在に支えられている。

『Re:package』メジャー生産流通盤は、メジャー流通で初音ミクのイメージキャラクターと名称(ライセンス)を明示した、最初の作品となった。
つまり、初音ミク楽曲が、メジャー流通のビジネスとしても成立し、大衆に受け入れられると判断され、実際にそうなった、初の作品である。
現在、SHM-CDの高音質盤が入手可能である。

■ Re:Package / livetune feat.初音ミク SHM-CD

01. Anthem
02. Packaged
03. over16bit!
04. シューティング☆スター
05. 虹色
06. 椛
07. Light Song
08. リラホルン
09. 日々の夢想い
10. ファインダー
11. ドキドキ♪ハートチューン
12. ストロボナイツ
13. Last Night,Good Night
14. Packaged -piano ver.-
15. our music

amazon-logo

関連リンク

livetune.jp
http://livetune.jp/
livetune(TOY’S FACTORYによるページ)
http://www.toysfactory.co.jp/artist/livetune/disco/
livetune 公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/kzlivetune/


 

The following two tabs change content below.

umaiyan ex

音楽制作ツールと自転車、そして、あらゆる音楽、アート、ポップカルチャーを愛しています。冨田勲と乃木坂46とPerfume(観客が数十人程だった時代からライヴへ通い続けています)への愛は現在ストップ高です。日曜深夜は乃木坂ちゃんから連続アニメまで、テレ東さんの魔力で眠れません。

関連記事

植田真梨恵2016.08.08植田真梨恵「ふれたら消えてしまう」

2016.08.10livetune+『Sweet Clapper』

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!