Carat feat. 紗蘭「Lover or Friend」

出典:https://mobile.twitter.com

2017年も”Kawaii”は止まらない。

“Carat”(カラット)が、通算3枚目(インディーズ時代から数えると5枚目)となるシングル盤『Lover or Friend』をリリースする。
今作は”さらっち”ことモデルの紗蘭とのコラボ作品だ。本業はモデルの彼女だが、アーティストとしてのリリース経験もあり、ダンスも歌もお手の物である。
Caratはセクシーさを芯とするユニットだから、そうそう簡単に溶け込めるものではなさそうだったが、問題はなかったようだ。

マルチな才能の持ち主というのが最近は多くなった。
もちろん良い意味で。
というのも、どちらかというと”さらっち”がセクシー路線に乗り込んだわけではなく、”Carat”が流行りの時流を取り込んだわけでの今作のコラボなのである。

元々グループは、エレクトロニックサウンドアンドボイスと、セクシーなダンスパフォーマンスを売りとしていた。
海外でのライブも数多くこなし、日本発の”Sexy”を世界へと届けていたのであった。
それがやはり時流というべきか文化というべきか、日本人アーティストはどちらかといえばこじんまりとして可愛らしいルックスで定着された。
”きゃりーぱみゅぱみゅ”などはその筆頭だった。

そうした中、”Carat”も形を柔軟に変えてきた。
ずっと続いていたボーカルの加工エフェクトも今作では自重し、彼女達の生の歌声が録られている。
衣装もカラーを多用したものになった。
デビュー時は白一色だった彼女達がだ。

楽曲のほうはというと、制作に”ZERO(YVES&ADAMS)”を迎えている。
彼自身もアーティストとして活躍するZEROは、国内では”EXILE”を始めトップアーティストへの楽曲提供やサウンドマネージメントを行い、海外ではジャネット・ジャクソンのプロジェクトにも参加したことがある。
とりわけ若い世代、ティーンからの支持を受ける彼の手がけた『Lovers or Friend』は、そんじょそこらの”音”とはこだわり方が違うのがわかる。
シンセパッドや過剰なパーカッショニングでしつこくなった楽曲は世の中に萬栄してしまっているのだが、あくまでもボーカル、ひいては視覚的にダンスやルックスを立てるためのサウンド作りには特筆すべきものがあるといえる。

聴き込んでいくと、あくまでも控えめに作られたトラックに気づかされ、また”Carat”と”さらっち”のパフォーマンスを心行くまで楽しむことが出来るだろう。

■Lover or Friend feat.紗蘭 Maxi Single
DISC.1
1. Lover or Friend
2. Snow Dream
3. Lover or Friend (Remix Ver.)

関連サイト

Caratオフィシャルサイト
http://www.carat-ue.jp/


The following two tabs change content below.
ヤマグチ

ヤマグチ

音楽と文学を愛する人。小説なら東野圭吾、バンドはLUNASEAが青春でした。売れないバンドマン時代もあり、今もバレないように生きています。


MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!