Qaijff(クアイフ)がついにメジャーデビュー

スリーピースバンド”Qaijff”(クアイフ)が11月29日にシングル『愛を教えてくれた君へ』でメジャーデビューする。
地元の名古屋では圧倒的な人気を誇り、インディーズシーンではすでに多くの音源を残しているクアイフ。
メジャーという大きなステップを上がる今作は、今まで以上に力のこもった、そして、クアイフらしさの追求された楽曲に仕上がっている。

絶対的、鍵盤系ドラマチックポップバンド

クアイフにはこのようなキャッチフレーズがつけられている。
ベースの”内田旭彦”とドラムの”三輪幸宏”の二人が、前身のバンドの解散に伴い、ボーカル兼ピアノの”森彩乃”と共にスリーピースバンドを結成したのが2012年頃のこと。
音大出身で、いわゆるバンドマンとは毛色の違う彼女なのだが、内田と三輪はそんな彼女の才能に輝くものを感じたという。
それがバンドを”鍵盤系”とし、ロックではなく”ポップ”とすることで彼女を際立たせたのだろう。
昨今流行りのギターボーカルバンド達の中にあって、クアイフの存在は否が応でも目立ち、活動開始から早々とインディーズデビューを飾る。
音源は限定生産を含め、かなりの枚数をリリースしてきた。
また作品のどれもに、森の奏でるピアノのサウンドを重視し、歌声を立てるバックトラックに徹している二人がいる。
やはりそこに”絶対的”というワードが出てきたのだろう。
バンドというものが必ずしもギターサウンドなのではなく、かといってエフェクトの効いたシンセサイザーのサウンドではない、新たな形を彼女達は示してくれているのだ。

『愛を教えてくれた君へ』

記念すべきデビューシングル『愛を教えてくれた君へ』は、クアイフらしいドラマチックなサウンドに仕上がっている様子。
またこの曲は、10月12日よりフジテレビ系で放映中のアニメ”いぬやしき”のエンディングテーマとしてタイアップしている。
「大切な人に本当に伝えたいこと」をテーマに、音も言葉も丁寧に紡がれたミディアムバラードだ。
そして、若干だがこの曲にはロック調が感じられる。
ポップを推すクアイフの中にあって、やはりアニメ原作の力強いイメージに近づけたようだ。
またMVの方は、アニメの初回放送に併せて公開されている。
イントロから心を惹きつけられることは間違いない。

バンド”クアイフ”とは

クアイフは、知れば知るほど面白いバンドだ。
メンバー二人がボーカルの森の才能にベタ惚れであり、それによって素晴らしい関係性を築き上げていることは明確である。
バンド名もシンプルで覚えやすく、それでいてオシャレな印象を与えるのだが、その由来は何と、”名古屋グランパス”のユースチームにまで所属していたベースの内田が、憧れのサッカー選手”ヨハン・クライフ”から取ったものだというのだ。
また、パーソナリティを務めるラジオ番組”Qaijff Turn”も、クライフのドリブル技”クライフターン”から取っているらしい。
その一方、ドラムの三輪はかなりの音楽マニアで、プレーヤーとしても海外での活動経験があり、クアイフでの歌を立てるプレイだけでなく実は相当なロック系であることも公言している。
そして、ボーカルの森は絶対音感の持ち主で、幼い頃より初見でピアノ曲をカバーしてしまうなど、まさに神童だったという。
そんな個々のエピソードも彩り豊かで、だからこそバンドも奥の深い魅力に満ちているといえるのだろう。

クアイフは、あるインタビューで音楽性について言及している。
コアで玄人好みであることは素晴らしいが、ポップでありきたりであることは実はかなりハイレベルな境地だと思う、と。
同じレコード会社に所属し、現在は実質活動休止中の”いきものがかり”の凄さについても多く語っているようだ。
女声ボーカルに男性メンバー二人という編成は同じで、ボーカルのバックボーンがクラシックである(いきものがかりの吉岡も音大出身)という共通点もあり、今後の活躍に誰もが期待しているバンド”クアイフ”。
ポップすなわちポピュラーである音楽を求め続けるクアイフは今、メジャーデビューというスタートラインに立ち、一人でも多くの人に音楽を届けようとしているのだろう。

■愛を教えてくれた君へ(期間生産限定盤DVD付) Maxi Single
DISC.1
1. 愛を教えてくれた君へ
2. セツナロマンチック
3. 愛を教えてくれた君へ (TV Size Version)
4. 愛を教えてくれた君へ (Instrumental)
5. セツナロマンチック (Instrumental)
DISC.2
1. TVアニメ「いぬやしき」エンディング ノンクレジット映像

関連サイト

クアイフ公式ページ
http://www.qaijff.com/


MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

JavaScriptをOnにしてください

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!
;