“ゲスの極み乙女”最新シングル『戦ってしまうよ』リリース!

“ゲスの極み乙女”が1月24日にニューシングル『戦ってしまうよ』をリリースする。
いつの間にか耳に馴染んでしまったあのメロディーが、そう、ゲス極の新曲なのである。
シングルリリースとしても2年以上ぶりという今作は(会場限定でリリースされた『マレリ』を除いて)、ファンには「戻ってきた」と称される最高の仕上がりになっている模様。
MVが10日より公開されているので、ピンと来ない方も一度は聴いてみてほしい。
そこでわかるはず、すでにあなたの耳に届いていたことを。

クラロワ×ゲスの極み乙女

『戦ってしまうよ』は、アクションゲームのクラロワこと”クラッシュロワイヤル”のCMナンバーとして、すでに多くのメディアで放送されている。
「戦ってしまうよ~」のメロディーは、前半がファルセットだから若干聴き取りにくいかもしれないが、曲名そのままにシンプルなメッセージといえよう。
ゲーム自体が、3分間でのバトルを主体としているだけに、楽曲も3分弱でスピーディに展開する。
MVでは横になりスマホを操作する”川谷絵音”の姿があり、タイアップにとても忠実な仕上がりとなっているように見受けられた。
ゲームから入る人も、バンドのファンも、歩み寄るには素晴らしいナンバーが『戦ってしまうよ』なのだ。

戻ってきたと称される”天才”

“ゲスの極み乙女”の世界観、才能は、留まることは出来ない。
わずかな休止期間を経て、よりシニカルで隙のなくなった天才”川谷絵音”と、マルチな才能あふれるメンバー3人の連携は、他のアーティストとは一線を画していることだろう。
求める声があるのだから、彼らは動き続ける。
先に述べたタイアップのことでも、やるとなればとても実直なアーティストである。(ただ流れるだけのタイアップ曲も世の中には多くあるだけに…)
川谷自身もメディア上で、タイアップの”クラロワ”のことを声高に宣伝している。
ややというか、かなりの誤解と過ちのあった彼は今、以前よりも増して分厚いアーティストに成長したといって間違いないだろう。

いくつかのメッセージと、今と未来

若者なら、多少のことは根に持たずに前へ進もうと思えるかもしれないが…。
触れないのもまた気持ち悪いので若干触れると、”ゲスの極み乙女”のフロントマンであり、ブレーンである”川谷絵音”は、過去に大きなスキャンダルを犯してしまった。
だが相手方も今では復帰し、変わらずに笑顔でいてくれているから、それに伴って川谷もバンドもゆっくりとまた前進し始めた現状である。
『戦ってしまうよ』は決して、メディアと世間に向けた宣戦布告ではなく、単なるゲームのタイアップソングであるから誤解は招いてほしくない。
たしかに、当時にリリースされていたアルバム『両成敗』は誤解を招くタイトルであったし、シングル『あなたには負けない』はあからさまであり、実際は停戦合意の曲ともとれていた。
そもそもだが、ミュージシャンというのはそれほど可愛らしい人種ではなく、ましてや老若男女に向けたアイドルとは真逆の存在であることを念頭に置いて、僕らリスナーは前に進んでゆきたいものである。

さあ、未来に向けて戦う準備は出来ただろうか。
“ゲスの極み乙女”の新曲『戦ってしまうよ』は、1月24日全国リリース。
MVは10日よりフルバージョンが公開中だ。
そして、同曲のタイアップ、アクションゲーム”クラッシュロワイヤル”は絶賛稼働中!
ぜひダウンロードして、2018年もビシバシ戦ってみてくれ!

■戦ってしまうよ(初回限定盤)<CD+DVD>
DISC.1
1. 戦ってしまうよ【『クラッシュ・ロワイヤル』新TVCMソング】
2. イメージセンリャク
3. 息をするために
4. ぶらっくパレード(Remix by AmPm)
DISC.2
全国ツアー「丸三角ゲス」ファイナル公演@日比谷野音 ライブ映像
1. 私以外私じゃないの (Remix by PARKGOLF)
2. ゲストーリー
3. 星降る夜に花束を
4. いけないダンス
5. シアワセ林檎
6. 心地艶やかに
7. 午後のハイファイ
8. Dancer in the Dancer
9. あなたには負けない

関連サイト

ゲスの極み乙女オフィシャルページ
http://gesuotome.com/


The following two tabs change content below.
ヤマグチ

ヤマグチ

音楽と文学を愛する人。小説なら東野圭吾、バンドはLUNASEAが青春でした。売れないバンドマン時代もあり、今もバレないように生きています。

関連記事

2018.01.19“欅坂46”不動のセンター”平手友梨奈”の可能性

2018.01.30瀬戸内のアイドル“STU48”が待望のCDデビュー!

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!