乃木坂46『君の名は希望』

この楽曲がリリースされてから、すでに早3年以上の歳月が流れた。
乃木坂46と、彼女達個々を取り巻く状況も拡大し、その様相も大きく変化した。
時代の趨勢の中、数多のアイドルが生まれては消えて行くけれど、彼女達は、時代が移り変わっても人々の記憶に残る存在感を会得したと言える。
その存在感を楽曲面で確定的に印象付けたのが、この『君の名は希望』である。

君の名は希望(DVD付A)

出典:https://www.amazon.co.jp

『君の名は希望』という安定

前作『制服のマネキン』は、非常に加速感・高揚感を感じさせるエポックメイキングな楽曲であった。
それは、楽曲そのものの雰囲気のみならず、当時の彼女達の存在感ともシンクロしていた。
その次作となった『君の名は希望』は、良い意味で、安定感・確定感をもたらしたのだ。
加速上昇したジェット機が、超高度で安定した様相さながらに。

疾走感と美しさに満ちた楽曲

とやかく言わずとも、至極明快に、これは名曲なのだ。
超が付く名曲だと言って何ら差し支えない。
非常にプレーンかつエバーグリーンな印象を与える楽曲で、その上品な印象に違わない楽曲構造を有している。
同時に、さりげなくも4つ打ちのビートを響かせて程良い疾走感があり、しかし、いわゆる4つ打ちのダンスミュージック感は抑制されているなど、普遍的に親しみ易い王道的な歌謡曲としての雰囲気・完成度も非常に高い。
そのメロディとアレンジは、実に印象的で、清楚な美しさを有している。

作曲は前作『制服のマネキン』と同じく杉山勝彦氏であり、この『君の名は希望』によって、杉山氏は乃木坂46にとって重要な作曲家だという認識がファンの間でも鮮明なものとなった。
ファンの中には、杉山氏のライヴに足を運ぶようになった者もいるという。
このように、楽曲の作家性が強く注目されるのも、乃木坂46というグループの特異な特徴である。

“佐久間正英”氏が語る

他界されたのが非常に惜しまれる名プロデューサーにして優れた音楽家・佐久間正英氏は、『君の名は希望』リリース時に、氏のFacebookページに、なんの宣伝でもなく極個人的に、こう投稿している。
「乃木坂46の新曲『君の名は希望』を真面目に聴いてみたら、やっぱりすごく良かった。詞はもちろん曲もアレンジもすごく良くできてると思う。作曲・編曲は誰なんだろう?才能あるなぁ。羨ましい・・・」
氏の率直かつ飾らない人柄が表れたコメントであり、同時に、楽曲『君の名は希望』の素晴らしさが、才気溢れる名プロデューサーからもストレートな言葉で発せられた瞬間であった。
よく知られたことではあるが、あらためて記すと、佐久間氏は、乃木坂46の逸材の1人である生田絵梨花の親戚(従兄弟叔父)であり、その死の約2ヶ月前にリリースされた乃木坂46の7thシングル『バレッタ』Type-A盤付属のDVDには、生田絵梨花と『君の名は希望』を2人で演奏共演する模様が収録されている。
佐久間氏と生田絵梨花によるシーンが、楽曲『君の名は希望』によって永遠に残されたのは、どこかしら象徴的な出来事であると感じられてならない。

あえて今、ここに記すまでもないほどの超名曲、『君の名は希望』。
もし、まだ、しっかり聞いたことはないな・・・という新規の乃木坂46ファンの皆さん等々いらしたら、ぜひ、耳を澄ませて聴いてみてほしい。
この曲は、あなたの胸中に、ずっと残るものになる。

関連リンク

乃木坂46公式サイト
http://www.nogizaka46.com/
乃木坂46公式ブログ
http://blog.nogizaka46.com/


 

The following two tabs change content below.

umaiyan ex

音楽制作ツールと自転車、そして、あらゆる音楽、アート、ポップカルチャーを愛しています。冨田勲と乃木坂46とPerfume(観客が数十人程だった時代からライヴへ通い続けています)への愛は現在ストップ高です。日曜深夜は乃木坂ちゃんから連続アニメまで、テレ東さんの魔力で眠れません。

関連記事

  1. “乃木坂46″新曲『ジコチュ...

    2018-07-20

  2. 『いつかできるから今日できる』”乃木坂46”、19枚...

    2017-10-09

  3. “乃木坂46”今年の夏の贈り物は『逃げ水』

    2017-08-09

  4. “乃木坂46” 『真夏の全国...

    2018-07-12


MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!