最強ガールズバンド”SILENT SIREN”のニューリリース「ジャストミート」!

ポップにロック、そしてキュート溢れるガールズバンド”SILENT SIREN”が10月11日に新曲『ジャストミート』をリリースする。
通算14枚目となるこちらの作品は、”サイサイ”らしいアップテンポナンバーだ。
これからの代表曲!とうたっている通り、彼女達の変わらぬ魅力だけでなく、新たな可能性さえ感じさせる1枚となっている!

野球のようにジャストミート!

『ジャストミート』は、タイトルからもわかる通り、野球に関連した内容となっている。
野球?夏は終わったのに今さら?と思われそうなタイミングだが、あくまでも恋愛ソングを野球に例えた作品であり、ガチのスポ根ソングではないようだ。
逆に、夏真っ盛りにリリースしたら空振りしてしまいそうな気さえするから、ここらで出すのがジャストミート!といったところだろうか。
作品は、歌詞が相変わらず可愛らしいので、ぜひぜひ注目していただきたい。
英語でもアルファベットではなくカタカナ。
難しい言葉なんて全く使わない。
だからこそ本当にキャッチーで、心に響く素敵な楽曲となっているのだろう。
恋する気持ちを持つ人、振り向かせたい誰かがいる人には、ぜひ心の栄養にしてほしい作品だ。

セッションのようにジャストミート!

それだけキャッチーな楽曲であるから、タイトルや歌詞にも注目が集まってしまうわけだが、トラックの方も素晴らしい出来となっている。
オープニングはカウントなしのギターリフだ。
ドラムとベースも参加している。
まるでセッションしているかのような雰囲気で、聴き始めたら思わず身体が揺れてしまうだろう。
そして、8小節のリフの後、ご機嫌なムードのイントロの幕開け。
サビと同じコードワークの中で、メロディーはギターが奏でている。
ああ始まった!とわくわくさせられるアレンジは、他の楽曲でも時折聴けるものだが、やはり胸が躍る。
後半はCメロを挟んで転調。
キーが上がり、更に盛り上がるところだ。
野球でいえば9回、恋愛でいえば告白?初デート?とにかくあなたにとっての最高潮とリンクさせて楽しめることだろう。
更には、聴くだけでも最高なのだが、楽器を出来る人やバンドを組んでいる人達はぜひ挑戦してみてほしい。
グルーヴ感の大切なナンバーだから、曲を通して絆もきっと深まるはずだ。

今の時代にジャストミート!

今、時代ははっきりとバンドブームを迎えている。
メジャーシーンで活躍するバンド、それもロックバンドも数多い。
”サイサイ”もそのひとつだ。
だがその一方、解散するグループも多い。
またそれは女性グループにより多い。
ポジティブにとらえても、やはりグループの形が変わってしまうのは寂しいことだろう。
そんな中、”SILENT SIREN”は今作で14枚目リリースという。
活動はすでに7年超を越えた。
単純に7つの歳を重ねたメンバーの魅力は、今増して成長中だといえよう。
今作のMVでもセクシーさの方がキュートさよりも際立っていたりもする。
それはそうだろう。メンバー全員すっかり大人なのだから。
MV内のパジャマ姿から余計な想像などせずに、彼女達が相変わらずバンドをし、リリースをし、ライブを続けてくれていることに感謝したい。
本当のジャストミートは、ポジティブな解散などではなく、いつまでも歩き続けること。
そんな思いを彼女達は体現してくれている。
最強のガールズバンドは、今後も私達の心を打つことだろう。

■ジャストミート(初回限定盤A/DVD付)
DISC.1
1.ジャストミート
2.フユメグ
DISC.2
1.ジャストミート(MV+MVメイキング映像)

■ジャストミート(初回限定盤B/DVD付)
DISC.1
1.ジャストミート
2.フユメグ
DISC.2
1.ジャケット写真撮影メイキング映像

関連サイト

SILENT SIREN オフィシャルページ
http://silent-siren.com/



The following two tabs change content below.
ヤマグチ

ヤマグチ

音楽と文学を愛する人。小説なら東野圭吾、バンドはLUNASEAが青春でした。売れないバンドマン時代もあり、今もバレないように生きています。

関連記事

2017.10.09『いつかできるから今日できる』”乃木坂46”、19枚目のメッセージ

2017.10.16DAOKO×岡村靖幸コラボシングル『ステップアップLOVE』

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!