【新エース・森田ひかる】 櫻坂46の初シングルでセンターを務めた新星アイドルの魅力に迫る

2020年10月14日、櫻坂46が始動した。

前身となるのは欅坂46。
平成最後のカリスマアイドル・平手友梨奈を絶対的センターに携え、アイドルとしてアーティストとして数々の記録を打ち立ててきた巨大グループだ。

しかし平手友梨奈始め、長濱ねる、今泉佑唯、志田愛佳といった人気メンバーの脱退を機に、グループ名を一新。
櫻坂46として、もう一度新たな軌跡を作り始めたのである。

2020年12月、櫻坂46の初シングル(欅坂を同一として数えると10枚目)「Nobody’s fault」をリリース。
センターに抜擢されたのは、2018年の坂道合同オーディションを合格した若手メンバー・森田ひかるだった。

森田ひかる

Image Credit:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001095.000006568.html

■森田 ひかる(HIKARU MORITA)
生年月日:2001年7月10日
星座:かに座
身長:150.5cm
出身地:福岡県
血液型:B型
(引用:https://www.keyakizaka46.com/

■略歴
【2018年】
8月:坂道合同オーディションに合格(オーディション番号は44)。
同期は、乃木坂46の遠藤さくらなど含む38名。

12月:日本武道館で開催された『欅坂46 2期生/けやき坂46 3期生「お見立て会」』で初のお披露目となる。
また同月「ミュージックステーション スーパーライブ2018」に出演。

【2019年】
9月8日、欅坂46 9thシングル「誰がその鐘を鳴らすのか?」にて初選抜。
※配信限定シングルだったため、アートワークやプロモーションなどは最小限となった。

12月:「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ 2019⇒2020」(TBS系)において、平手友梨奈の代わりに「黒い羊」のセンターポジションを務める。

【2020年】
10月13日:「THE LAST LIVE」で欅坂46が活動終了。
翌日より櫻坂46として活動スタート。

12月9日:1stシングル『Nobody’s fault』リリース。センターを務める。

12月31日:「第71回NHK紅白歌合戦」に出場予定。

森田ひかる

Image Credit:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001193.000006568.html

メディアでもたびたび取り上げてきた坂道合同オーディション合格者39名のうちの1名となる。
オーディションでは、当時から色々噂の絶えなかった欅坂ではなく乃木坂への加入が薦められたのだが、彼女はそんな渦中の欅坂に選ばれた。

森田ひかる自身、インタビューでは「幼少期から大人しかった、ありふれた子じゃなかった」ことを明かしていたが、欅のイメージにもわりかし合っていたのだろう。

瞬く間にグループは激動の終期を過ごし、絶対的エースの平手友梨奈の脱退を機に、大きく方向転換をすることになる。
そこで心機一転の先陣を任されたのが森田ひかる、というわけだ。

「ひらがなけやき」ことけやき坂46も2019年2月に「日向坂46」と改名し、それまでの第二グループ的な位置づけから完全に独立した形での活動を表明したわけだが、日向坂が明るく爽やかなイメージを押し出したことで、欅坂は櫻坂と変わっても、それまでのクールなアーティストイメージはそのまま継続している。

私見を述べると、彼女が今後、平手友梨奈のようなカリスマ的アイドルになるとは思えず、グループは乃木坂のようにセンターを固定しない多彩な表現のグループに変わるのでは、と思っている。
その理由に「Nobody’s fault」の共通カップリングであり、センターを同期の藤吉夏鈴が務める「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」が、リリース前時点でのMV再生回数で表題曲と並ぶ数字を記録しているのだ。
またその楽曲も爽やか路線ではなく、従来の欅坂イメージを反映し、藤吉夏鈴もセンターが様になっている。
櫻坂46は平手友梨奈の成功と課題を踏まえ、バランスとブレイクを実現していくのだろう。
いうなれば日向坂の小坂菜緒、乃木坂の白石麻衣のように。

森田ひかるが脚光を浴びるのは、コロナ禍を過ぎてライブやイベントも盛んになる今後のこと。
今は飄々とセンターを務めているように見える森田ひかるが、どのようなアイドル像を実現し、櫻坂を牽引するのか、楽しみでならない。

The following two tabs change content below.
ヤマグチ

ヤマグチ

ライター / 作家名「山口歌糸」/ オフィスウタイト代表 / 竹取物語に関する評論文で「市民文芸ふじのみや第46号 随筆の部」優秀賞。MyuPlaではPR記事とリリース記事を担当。元音楽経験者。音楽系専門学校卒。

関連記事

  1. “櫻坂46″改名後初シングル...

    2020-12-07

MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!
;