【ライブレポート】NEO ROCK FES supported by「an」/日本武道館

2月28日(火)、東京・日本武道館にて、学生団体代表らによる企画集団・AGESTOCK2016実行委員会が主催する音楽イベント<NEO ROCK FES supported by「an」>が開催された。

初開催となる今回は、オープニングアクトの『THE BEAT GARDEN』を皮切りに総勢11組のアーティストが集結。
学生団体の企画らしく、学生アクトによるDJ・ダンスパフォーマンスや大学1年生を対象としたミスコン『FRESH CAMPUS CONTEST 2016-2017』の各賞発表も行われるなど、会場は大いに盛り上がった。

フェスの開幕を飾ったのはオープニングアクトの『THE BEAT GARDEN』。

エレクトリックダンスロックという独自のジャンルを引っさげ、燃え盛る闘志をステージ上に刻みこんだ。
THE BEAT GARDENのパフォーマンスで会場のテンションも一気に急上昇。
「B.E.T.」「Sky Drive」の2曲を完全燃焼でやり遂げFESは本編に突入する。

本編の一番手は、6月に全国ツアーをスタートする今や人気のガールズバンド『SILENT SIREN』。

1曲目の「チェリボム」で会場が歓声と熱気の渦に包まれた。
「チェリボム」「八月の夜」で会場を大いに盛り上げると、レーベルを移籍したという事もあって、なんと1年4ヶ月ぶりとなった待望のNEWシングル「フジヤマディスコ」を披露。
4つ打ちのビートに思わず心も体も踊ってしまう楽曲でテンションMAXに。
最後の「ぐるぐるワンダーランド」では観客がタオルを振り回し会場は華やかに彩られた。


ツアーファイナルの舞台となる武道館で、ノリノリの4曲を演奏し終え勢い冷め止まないまま、ステージを後にしていったSilent Sirenであった。

続いて会場総立ちで迎えられたのは感覚ピエロ。

「等身大アンバランス」の披露のあと「今日は楽しむのが当たり前、俺たちと一緒に歌ってくれますか?」の呼び声で「O・P・P・A・I」へ突入。
初めて彼らを知ったであろう観客もボーカル横山のかけ声に男女問わず応え続けていた。


そして、最後の曲は日本テレビ系列のドラマ「ゆとりですがなにか」の主題歌にもなった「「拝啓、いつかの君へ」を演奏し観客の熱狂は最高潮に達した。

次に登場したのはOKAMOTO’S。

芸術家・岡本太郎を愛するあまり、全員がオカモトの姓を名乗る彼らのパフォーマンスは、芥川賞を受賞した又吉直樹氏原作のドラマ『火花』の主題歌「BROTHER」から始まった。


その後、「NEKO」「Dance With You」「Beautiful Days」と続き、全4曲を最高のパフォーマンスでやり遂げ、彼らの音楽性と芸術性を爆発させていった。

OKAMOTO’Sに続いて登場したのは、凛として時雨のドラマーとしても知られるDJピエール中野。

MCを交えながらのキラーチューンの連発で会場はダンスフロアと化す。


youtube番組「ソニレコ!暇つぶしTV」では、乃木坂46のメンバーを前に、理想のアイドル論を熱く語るほどのオタクっぷりを見せるピエール中野だが、その選曲もジャニーズの楽曲が盛り込まれるなど、観客のツボを見事についたDJプレイであった。

最後を締めくくったのはandrop。

全国ワンマンツアー『androp one-man live tour 2017 “angstrom 0.8 pm”』が決まったandropは、その勢いと共にうねりのあるバンドサウンドで観客と一体化した演奏を披露。


「Voice」を皮切りに「Yeah! Yeah! Yeah!」や「MirrorDance」、新曲「Prism」などが熱演された。
andropのイベントの大トリにふさわしいパフォーマンスで、6時間にわたるNEO ROCK FES2017はこうして幕を閉じたのであった。

<NEO ROCK FES supported by「an」>開催概要
2017年2月28日(火) 会場:日本武道館
開場 15:00 / 開演 15:25 / 終演 20:45
主催:AGESTOCK2016実行委員会

[セットリスト]
■THE BEAT GARDEN
1. B.E.T.
2. Sky Drive

■SILENT SIREN
1. チェリボム
2. 八月の夜
3. フジヤマディスコ
4. ぐるぐるワンダーランド

■感覚ピエロ
1. 等身大アンバランス
2. 加速エモーション
3. O・P・P・A・I
4. 拝啓、いつかの君へ

■OKAMOTO’S
1. BROTHER
2. NEKO
3. Dance With You
4. Beautiful Days

■DJピエール中野(凛として時雨)
1. ズッコケ男道 [関ジャニ∞]
2. あつまれ!パーティーピーポー [ヤバイTシャツ屋さん]
3. SHAKE [SMAP]
4. PPAP [ピコ太郎]
5. FLY AGAIN [MAN WITH A MISSION]
6. アイデンティティ [サカナクション]
7. リライト [ASIAN KUNG-FU GENERATION]
8. A・RA・SHI [嵐]

関連リンク

NEO ROCK FESオフィシャルサイト
http://www.neorockfes.net/


The following two tabs change content below.
nagatouch

nagatouch

東京都練馬区在住のコピーライター。バイト応募の電話さえできなかった 重度の人見知りがコピーライティングを鍛えるうちに自然と克服。 今では「3時間のインタビュー」「持ち時間50分の飲食店取材」「参加者150人の前でセミナー」も難なくこなす。静寂と芸術とハンバーグを愛する25歳。

関連記事

  1. “AKB48”が2018年からの組閣発表!

    2017-12-12

  2. 新山詩織「ファインダーの向こう」

    2016-11-27

  3. 【Pentaconn】4.4mm 5極ジャック搭載の...

    2017-11-11

  4. “Aimer”(エメ)が、雨をコンセプトにした新譜『...

    2018-02-20

MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!