サイダーガール第二弾シングル『パレット』

炭酸系ロックバンド”サイダーガール”が2018年3月24日にメジャー第二弾シングルをリリースする。
タイトルは『パレット』。
今度の作品も、彼らのイメージに沿った、ポップでロックなナンバーとなっている。

サイダーガールはNG

“サイダーガール”は、顔出しNGのアーティスト(バンド)である。
今でこそ、”GReeeeN”(ルックス完全非公開)や、”BEAT CRUSADERS”(似顔絵イラストのマスクを着用)、”MAN WITH A MISSION”(オオカミ)など、姿を現さずに活動するアーティストは増えたが、本来は中々に珍しいスタイルだったものだ。
ただ、顔出しNGといってもそれぞれで、ライブ自体も超レアな”GReeeen”などに比べると、”サイダーガール”はツアーも盛んで、会場に行けばメンバーを見られるというのだから驚き…というかライブに行きたくなる。
そして、メンバーは皆若く、音楽性もとてもポジティブでとっつきやすいから、今後もっと知名度も人気も伸びていくことは予想出来るだろう。

サイダーガールは必見!

元は、メンバー三人ともが”ボーカロイドP”や”歌い手”としての活動を主にしていた。
音源は素晴らしく凝っており、少しでも気になったらそのサウンドを聴いてみてほしいと思う。
何よりもポイントなのは、ボーカルギターを務める”ゆりん”の歌声だろう。
とても伸びやかで、そして濁りのないクリアーな声をしている。
歌手といえば歌い方にクセがあったり、声色にも独特な味があってこそだと思わせがちだが、彼の声はありふれた男の子なのである。
(一時期だが”SEKAI NO OWARI”のボーカル深瀬と同一人物なのではないかとの噂も立った。)
バンドの楽曲も、メロディーからテンポ感、アレンジに至るまでとても自然にまとまっており、玄人からは普通と揶揄されてしまうかもしれない。
ただ昨今の凝り過ぎた音楽シーンにとって彼らは一周回って”宝物”というにふさわしいのではないかと考えさせられてしまう節もある。
もし、そう感じた人がいるなら今作『パレット』だけでなく、彼らの音源をどんどんあさってみてもらいたい。
いつの間にか忘れていた自分なりの本当の音楽の味を、サイダーガールのサウンドによって思い出したりするという期待も込めて。

3代目サイダーガール!

“サイダーガール”のバンド名の由来は伝説のロックバンド”ナンバーガール”からきているのだが、その名の通りバンドにはイメージガールを演じる女性たちが存在してきた。
何度もいうがメンバーの顔は出ないので、MVなどにはいつもモデルや俳優などを起用しているのだ。
2014年のデビュー後、2016年まではモデルの”るうこ”が、2017年はモデルや女優、音楽活動もこなす”池間夏海”、そして今年からはセブンティーンモデルの”杉本愛里”が務めている。
MVを視聴すれば、「この子誰?」と気になる存在だ。
通例通りなら一年ごとに交代する役割のようなので、サイダーガールをしたことがあるというのが一種のステータスになる日も近いだろう…!

“サイダーガール”を知らない人はもういないだろうか。
興味の湧かない人は?
ロック好きもポップ好きも音楽雑食の方も全員集まれといわんばかりのバンドがここにある。
音を聴いて、音源を手にして、ライブ会場まで足を運んでみよう。
“サイダーガール”は2018年も動き回る予定で、リリースからツアーもこなし、5月には大型フェス”VIVA LA ROCK”にも出演が決まっている。
ぜひぜひ『パレット』を機に、音楽界に差し出された一杯のサイダーを、君も味わってみてはいかがだろうか。

■パレット(初回限定盤ラバーバンド付)
DISC.1
1. パレット
2. しょうがないよな
3. ハロー・ミュージック

関連サイト

サイダーガール公式ページ
http://cidergirl.jp/


MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

JavaScriptをOnにしてください

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!
;