“乃木坂46”の才女、生田絵梨花の魅力とは?

“乃木坂46”は、AKBグループの中において、清廉潔白な魅力を大きく取り上げてきた。
カラーでいえば、白。
またそのイメージに合う女の子を集めたともいえるグループ。
乃木坂の中で、最もスマートで、最も白の似合うメンバーといえば、”生田絵梨花”(いくたえりか)をおいて他にいない。
グループきっての才女であり、中でも特別に洗練されたルーツを持つ彼女の魅力を、どうか知ってもらいたい。

いくちゃん

生田絵梨花は、いくちゃんと呼ばれている。
彼女にはあまり昨今のアイドルや芸能人に必要な闘争心のようなものが表向きにはなく、とっつきやすいことからメンバー達にはとても慕われている。
お嬢様、といって差し支えないだろうか。
また彼女にとってはやはりアイドルの世界というのはポップであり、カジュアルであったのだろうか、天真爛漫なメンバー達に囲まれ、時にバカなノリにも付き合う懐の広さは身についたようだ。
それらは冠番組『乃木坂工事中』でもよく見られる。
そして今、才女として育った生田絵梨花と、乃木坂46のいくちゃんという、二人の魅力的な人間像が彼女の中には共存していることになるのである。

生田絵梨花のルーツ

彼女の出生は、ドイツのデュッセルドルフだ。
3歳頃よりピアノに触れ、5歳の時、東京に引っ越した。
ということは、彼女はバッハやベートーヴェンやモーツァルトと同じ地で音楽に触れ始めたことになる。
小学生の頃からは、ミュージカルに憧れ、子役として舞台にも立っている。
それから、毎日のように習い事に通い、ピアノだけでなくバレエや英語、書道の腕も磨き、数多くの資格取得、有段者となった。
ただやはり、本人が最も望んでいた道はミュージカル。
そんな矢先、後に国民的アイドルグループとなる運命の、一期生オーディションの存在を知ることとなるのである。

”乃木坂46”の、生田絵梨花

かくして”乃木坂46”の一員となった生田絵梨花だが、私生活は多忙を極めた。
中学生の時からグループに加わっていた彼女。
人によってはアイドル一本でという決意で臨む例もある中、彼女は何一つとして疎かにはしなかった。
そして音楽大学への進学を志す。
ここで一度、芸能活動を休止し、入学後にまたグループへ合流した。
平日の睡眠時間が1時間ほどで、栄養ドリンクを飲んで頑張っていたというエピソードは若干ひくほどでもある…。
学業の経過については、公のことではないため明らかにはされていないが、彼女が努力家であることは周知。
そして、”乃木坂46”の躍進は説明不要の事実だろう。

彼女の魅力は、内に秘めた強さであり、またそれを表情には出さない優しさでもある。
アイドルは通過点かもしれない。
また新たな夢を見つけるかもしれない。
だが彼女に今を妥協するという考えはなく、全力だからこそ、見ている者の心を打つ。
生田絵梨花を見ていると、今の大切さと、ひたむきに生きることの意味を、教えてもらっているような気もするのだ。

The following two tabs change content below.
ヤマグチ

ヤマグチ

音楽と文学を愛する人。小説なら東野圭吾、バンドはLUNASEAが青春でした。売れないバンドマン時代もあり、今もバレないように生きています。

関連記事

  1. 「この夏で、あなたの人生が変わります」坂道合同新規メ...

    2018-07-06

  2. 『ジコチューで行こう!』が初動セールスでミリオン達成...

    2018-08-14

  3. “生駒里奈”が卒業へ。...

    2018-04-24

  4. “乃木坂46″新曲『ジコチュ...

    2018-07-20


MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!