【特集】新生アイドル研究会BiS「BiS 1st編」

2010年の結成後、一度の活動休止、メンバー変換を経て現在の形となった”BiS”。
今年6月からは10人のメンバーを二つのグループに分ける二部制を導入。
また、人気投票企画『BiS.LEAGUE』もスタートした。
そんじょそこらのアイドルとは違う、個性的なメンバー達の魅力に迫る【BiS 1st】編!

【BiS 1st】”キャプテン” ゴ・ジーラ

Image Credit : http://www.brandnewidolsociety.tokyo/

担当:怪獣
出身:大阪府
特技:空手

“BiS”第2期(2016年9月~)の初期メンバーにあたる“ゴ・ジーラ”
名前の由来は何となく想像でき、まさかと思いながらもやっぱり、オーディション時に着ていたゴジラのTシャツからとったものとのこと。
着て来てしまったが運の尽き…と思いきや本人は特撮オタクとのことで、Win-Winの関係に。
性格はどちらかといえば大人しく、いわゆる「スイッチが入るタイプ」で、オーディション時に空手の型を披露した時も怖いくらいの気合いを見せてくれた。
また、友達がいないことをしばしば自慢(?)しては、「欲しい」とも言うし「いなくてもいいかなとも思う」とも言い、マイペースであることは間違いなさそうである。
だけど大阪出身ということもあり、お笑いが大好き。
そんなゴ・ジーラの夢は、友達と「ダウンタウンのごっつええ感じ」のDVDを夜中に見ること、だそうだ。


【BiS 1st】アヤ・エイトプリンス

Image Credit : http://www.brandnewidolsociety.tokyo/

担当:美人
出身:東京都八王子
身長:166cm

2016年9月、”BiS”第二期メンバーとしてグループに加入した”アヤ・エイトプリンス”。
加入前はモデルをしていたこともあり、長身で抜群のルックスとプロポーションを持っている。
名前の由来は、そのまま…(八王子=エイトプリンス)…。
美人で整った彼女だが、実はバカであることをメンバーからはバラされるという事態に…。
2017年5月からは、同じ事務所”WACK”のアイドルグループ“GANG PARADE”に移籍し、戻ってきたのは2018年3月のこと。
これからは”BiS”のキレイどころとして(バカキャラは嫌です。)活躍が期待される。


【BiS 1st】パン・ルナリーフィ

Image Credit : http://www.brandnewidolsociety.tokyo/

担当:メロメロ
出身:神奈川

2017年4月のオーディションでグループに加入。
学生時代はバンドをやってみたり、勉強も普通に出来たりと天才タイプだった。
オーディションで行ったマラソンでは1位で折り返し地点に着くも、1位課題であるメロンパンに苦戦し、泣きながら食べたという。
そしてそれが後に彼女のイメージとなり、“パン・ルナリーフィ”という名前が付いた。
グループでのイベントやキャンペーンどころか、個人的な売り込みにも積極的で、その時は必ずパンを差し入れる。
パンが先か彼女が先かわからないがしかし、真面目で好印象な”パン”である。
(天才肌だからか)、あまり努力することを知らなかったと語り、アイドルになってからは真面目過ぎるほど頑張っている。
個性派過ぎてカオスなアイドル”BiS”の中で一番王道かもしれない。

【BiS 1st】トリアエズ・ハナ

Image Credit : http://www.brandnewidolsociety.tokyo/

担当:カンパイ
出身:東京
目標:歌姫

2018年3月のオーディションでグループに加入した“トリアエズ・ハナ”
ハナは本名からとっているそう。
演劇やバレエを幼い頃からやっており、とにかく明るく前向きで、時にうるさいと言われる。
“BiS”加入前は地下アイドルユニット”なちゅらリウム.vivid”に所属していた。
とにかく顔立ちが印象的で、海外でも人気が出そうなオリエンタルなルックスだ。
根は暗いけどステージでは輝く!みたいなアイドルのほうが最近の世の中は多いが、ハナは超ポジティブなアイドルである。
そして歌が異常に上手いので、楽曲でも注目してみてほしい。

1stに入るということ

「BiS.LEAGUE」の上位4人で構成されるBiS 1stは、見てわかる通り人気ベスト4のいわば勝ち組だ。
そしてメンバーが語っていたのは、6人で構成される2ndよりも歌のパートが多くなる、ということ。
ファンの視線を6等分と4等分の差、だけでなく、パフォーマンスとしてもより多くのアピール時間が手に入るのである。
またそれに対してより気持ちを強く持ち、結果を引き寄せた4人ということになるだろう。
「BiS.LEAGUE」は第1回が終わり、新作をリリースすると同時に第2回もスタートした。
今後、”BiS”は止まらない戦いを続けていく。
個性的なメンバーを揃えたグループがゆえ、「絶対に1stへ」と思うかどうかはそれぞれのスタンスにもよるところだが、少なくとも1stの4人が今1番ハートの熱いメンバー達、というのは間違いない。
今後、どんな番狂わせが起きるのか、また誰かが記録を持ち続けるのか、楽しみだ。



関連サイト

新生アイドル研究会BiS公式サイト
http://www.brandnewidolsociety.tokyo/


The following two tabs change content below.
ヤマグチ

ヤマグチ

音楽ライター。元バンドマンでロック好きだったが、MyuPlaと関わり早数年、社長の洗脳(?!)もあり、すっかりアイドル好きに。推しは特集の際えらく歓迎してくれたChu-Z様と、最近はネコプラが気になっています。

関連記事

  1. 人気投票1位は”ゴ・ジーラ”...

    2018-08-07

  2. 【特集】新生アイドル研究会BiS「BiS 2nd編」...

    2018-08-15

MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

JavaScriptをOnにしてください

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!