アイドルユニット”mi-na”メンバー”白瀬あかり”新曲「君がいるから歩き出せた」配信!1月15日より大塚萬劇場にて公演のライトノベル原作2.5次元舞台『異世界で孤児院を開いたけど 、なぜか誰一人巣立とうとしない件』(異世界孤児院)テーマソング

アイドルユニット”mi-na”メンバーの白瀬あかり(24)が、12月21日(土)に「君がいるから歩き出せた」を配信。
同曲は、人気のライトノベルを原作とした2.5次元舞台『異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件』(異世界孤児院)のテーマソング。
本舞台は2020年1月15日より大塚萬劇場にて公演となる。

白瀬あかり配信曲「君がいるから歩き出せた」

楽曲は、切なくも爽快なロック調の曲。
歌詞は『異世界孤児院』の世界観がベースとなり、孤児の少女が孤児院を経営する少年・マサツグと出会い、前向きに歩く姿が描かれる。
白瀬は、可愛らしさと芯のある歌声で、このアップテンポな曲を勢いよく歌い切った。

作編曲は「サンダルじゃできない恋」(AKB48)等の川崎泰弘(Atelier LadyBird)。
アニメーションのPVが制作され、映像は映画『衿まき女 ~闇のアサシン~』監督の井川楊枝がプロデュースを務めた。

「mi-na」メンバー、白瀬あかり

白瀬あかりは、元AKB48の森杏奈がプロデュースするアイドルグループ「mi-na」のメンバー。
しかし同グループは活動開始から半年足らずの2017年夏に活動休止。
初のワンマンライブで東京FMホールを400人の観客で埋め尽くした矢先の休止だけに、当時はアイドル界隈で大きな話題となった。

2年半の時を経て、白瀬の近影写真は、アイドルの頃の愛らしさを保ちつつも、同時に大人っぽい美しさを身に付けた女性に成長していた。

■白瀬あかりのコメント
「私はアイドルを不完全な形で終え、そのまま引退しました。
この2年半、社会人として生活してきましたが、その間、ずっとやるせない思いを覚えていて、このままだと後悔し続ける人生になると思いました。
そこでオーディションを受けたのですが、たまたまプロフィールに「趣味 一人カラオケ」と書いていたことで審査員の興味を惹き、今回のお仕事を頂くことができました。
この曲は、新たな出会いによって再び歩き出すという内容の歌詞です。
私自身とも凄く重なり合う曲で、再スタートに合わせて大きなお仕事を任せて頂けて、とても嬉しいです。」

※mi-naは3月に再結成&再デビューが決定。

■楽曲概要
「君がいるから歩き出せた」
配信日:2019年12月21日(土)
価格:¥204(税込)
レーベル:MARCOT

■イベント情報
2.5次元舞台『異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件』
・大塚萬劇場
2020年1月15日(水)~19日(日)

■配信サイト一覧
https://www.tunecore.co.jp/artist/akari.shirase


■引用元:Valuepress
「グループ解散から2年半ぶりに復帰の白瀬あかりが2.5次元舞台のテーマソングをリリース!」
https://www.value-press.com/pressrelease/233825


 

The following two tabs change content below.
ヤマグチ

ヤマグチ

ライター / 作家名「山口歌糸」/ オフィスウタイト代表 / 竹取物語に関する評論文で「市民文芸ふじのみや第46号 随筆の部」優秀賞。MyuPlaではPR記事とリリース記事を担当。元音楽経験者。音楽系専門学校卒。

MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!
;