“東京カランコロン”の再起動プロジェクトシングル『トーキョーダイブ』

『東京カランコロン』の『東京再起動プロジェクト』が進行中だ。
2017年、新レーベルの上からシングルリリース、春にはワンマンツアーが控える。イベントや”縛り”が盛りだくさんの楽しい内容となっている。
詳細は日々更新されているので、再起動したい人は要チェックだ。

シングル『トーキョーダイブ』

2月1日にリリースされるシングルというのが『トーキョーダイブ』。
カップリングとして、昨年行われたインディーズ時代曲縛りのライブ「いっとく?」の何と全曲を収録。
アンコールを含めて全9曲のライブ音源で、たっぷりと東京カランコロンを堪能出来るらしい。
またプロジェクトには、彼らの新時代を彩るべく、そして新たなファン、
何より新しい自分達自身を更に更に見つけていきたいという意気込みが感じられる。
前述したライブの内容や、実際に収録し、音源として発表する辺りも、今まさに彼らのファンとなった人達に対しての教科書のようでもある。
バンドの活動は結成時期から約10年を数える。節目と呼べそうだ。

ダイブするんだ!

『トーキョーダイブ』はそのタイトル通り、「ダイブするんだ!」という決意に満ちた楽曲になっている。
彼らのメロディーもリズムもアレンジも、単にロックやポップと評するにはあまりにも難解なジャンルに属するのだが、今回も例に漏れない。
”いちろー”と”せんせい”によるハイトーンユニゾンは定番で、ギターアレンジとコードワークも凝りに凝っている。
難解な音楽をあたかもシンプルで単純なように見せるのも彼らの特徴だろう。
実に楽しそうに演奏し、見ている人たちに幸せを届けてくれる。

“東京カランコロン”の2017年展望

メンバーそれぞれが、”今年は特別”だと様々な媒体で語っている。
春のツアーだけには留まらず、2017年全体通して盛りに盛った企画を送り込んできそうだ。
まずは『トーキョーダイブ』を、興味の続く限りどこまでも聴き込んでほしい。
前述した通り、素晴らしくアレンジの効いた楽曲だから、繰り返し聴けば聴くほど、胸の奥ではリンリン目覚ましが鳴り、身体はビュンビュン走り出したくなるはずだ。

■トーキョーダイブ Maxi Single
DISC.1
1. トーキョーダイブ
2. ランチにお得なインディーズ縛りライブ「いっとく?」全曲収録音源

関連サイト

東京カランコロン公式ページ
http://tokyokarankoron.com/


The following two tabs change content below.
ヤマグチ

ヤマグチ

音楽ライター。元バンドマンでロック好きだったが、MyuPlaと関わり早数年、社長の洗脳(?!)もあり、すっかりアイドル好きに。推しは特集の際えらく歓迎してくれたChu-Z様と、最近はネコプラが気になっています。

MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

JavaScriptをOnにしてください

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!