カラオケ機材メーカーに聞いた!カラオケで手っ取り早く高得点を出すコツ!

カラオケに行ったら、「自分の歌はうまいのよ!」と言わんばかりに採点機能を使う友人いませんか?
「もう、うまいのはわかったよ!」と言いたくなることもありますが、彼らに永遠とその場の主導権を握らせているのも釈然としないと思います。
どうにかして1回くらい、カラオケで良いところを見せてやりたいと思いませんか?

少しでも、「いい点を取りたい。」「恥ずかしい思いをしたくない。」と思っているなら、今回お話する『カラオケ機材のメーカー関係者に聞いた!得点を上げるポイント』をシェアしたいと思います。

単純に歌がうまいからといって高い点数にならない場合があります。
「歌がうまい」と「カラオケがうまい」は似ているようで少し違うようなのです。
ですから、カラオケで優位に立つためには、カラオケを扱っている人に聞くのが一番早い!ということでカラオケメーカーに話を伺うことにしました。

「カラオケは、あくまで機械です。」と語る関係者のKさん。
「歌を点数化するためのプログラムがされていてそれに沿った歌い方をすることでポイントが加算される。」ということなのです。

例えば、テンポやメロディーの正確性やビブラートの長さ、声量など様々な項目があり、そこにあなたの歌がうまくヒットすることで点数になっていくのです。
歌がうまくてもアレンジを加えたり細かい音程のズレがあったりすると聴いた側の印象とは違うような、「思ったよりも低い点数」が出ることもあるのはこういうシステムによるものです。

ですから、カラオケという機械のポイントに立ち向かおうとするなら、ボーカロイドのように機械的に正確性を意識して歌うことが重要だということです。
それが難しければ、テンポやメロディーの動きが少ない曲、そして自分のキーに合った歌いやすい曲を選曲することで誰でも高得点が取りやすくなります。

無理をして高音ばかりの曲をやって低い点数の挙句、喉を潰してしまうよりも自分にあった歌を歌う方がはるかにいいです。

女性であれば西野カナさんのトリセツがおすすめ。
この曲は高音も少なくメロディーもわかりやすいので点数が取りやすいです。
そして、本気になってビブラート聞かせて「私の歌を聞けー!」という歌ではないので、うまくなくてもそれなりに形になる曲でもあります。
みんなにとっても歌いやすいので合わせてくれる人も多く、純粋にカラオケを楽しむ目的でもおすすめの曲です。

男性であれば ジャニーズ系の歌が歌いやすいですね。
SMAPや嵐などの楽曲は誰にでもわかりやすいような覚えやすくキャッチーな曲が多いので高得点を狙いやすいです。
「夜空ノムコウ」「世界に一つだけの花」「Love so sweet」「Happiness」などアーティストもカバーするような名曲も多いです。
女性の人気もそこそこあり、認知度、歌いやすさもあるのでおすすめです。

もちろん、いずれの曲でも1回2回でうまくなるものではありません。
歌い込むと得点が上がるのは当然のことなので、歌が苦手はあなたは、とにかく1曲を上手く歌えるようになるように、練習を重ねていきましょう。

ぜひこの季節、カラオケでの評価を一変させるべく、頑張っていきたいですね!

The following two tabs change content below.
nagatouch

nagatouch

東京都練馬区在住のコピーライター。バイト応募の電話さえできなかった 重度の人見知りがコピーライティングを鍛えるうちに自然と克服。 今では「3時間のインタビュー」「持ち時間50分の飲食店取材」「参加者150人の前でセミナー」も難なくこなす。静寂と芸術とハンバーグを愛する25歳。

MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!
;