シンガーソングライター”あいみょん”5th single『マリーゴールド』

女性シンガーソングライター”あいみょん”が8月8日にメジャー通算5枚目となるシングル『マリーゴールド』をリリースする。
今作はすでにMVが公式より公開されており、高い反響を呼んでいる。
作品ごとに様々なジャンルの音楽を取り入れ、挑戦意識の高さを感じさせる”あいみょん”。
アーティストとしての彼女に、そして楽曲『マリーゴールド』のコンセプトに迫ってゆきたい。

新曲『マリーゴールド』花言葉は「変わらぬ愛」

歌詞で表しているのは、麦わら帽子をかぶった君の立ち姿がマリーゴールドの花に似ている、という情景だ。
『マリーゴールド』は夏に咲く花ではなく一年草にあたり、花言葉は「変わらぬ愛」。
(他にも「信頼」や「生命の輝き」、またネガティブな意味として「嫉妬」や「絶望」といったものもある)
作品はとても強い愛情を持つ恋人の視点なのだが、強すぎるがゆえに嫉妬心にも似た不満足を感じさせる。
また、”あいみょん”は今作リリースにあたり、コメントを寄せた。

「ずっとこのままでいたいし、欲深く、素直に誰かを求めていたい。1番近くにいる誰か、遠くにいる君。届きそうで届かない気持ち。残したい記憶、懐かしいと笑えたあの日の恋」

歌詞を見ていただくと、まっすぐで強い愛情がある一方で、不安や複雑な思いなども感じさせていることがわかる。

“あいみょん”の歌

“あいみょん”が人気アーティストの一人となるまでには、いくつかの波紋があった。
時に放送を自粛されたり、発言も媚びない。
そんな彼女が素直に愛を書き、歌にすると、驚くほど純粋で強いものとなる。
シングル作でも毎回新たなことにチャレンジした”あいみょん”だが、『マリーゴールド』は『君はロックを聴かない』と同じ作風、いやましてシンプルに構成された楽曲だ。
“あいみょん”が本当に表現したい音楽は何なのか、またそれは全てなのか、まだわからない。
ただ『マリーゴールド』が、他のアーティストには中々出せない味を出していることは確かだ。

あいみょんは今作リリース後、各種イベントへ出演、そして11月より全国ツアーを予定している。
『マリーゴールド』は聴かせるバラードだが、バリエーション豊かな楽曲を持つ彼女のステージに今から期待したい。

■AIMYON TOUR 2018 -HONEY LADY BABY-

「AIMYON TOUR 2018 –HONEY LADY BABY-」
11/21(水) 北海道・ぺニーレーン24
11/23(金) 宮城・RENSA
11/26(月) 愛知・DIAMOND HALL
11/28(水) 大阪・Zepp Namba
11/30(金) 香川・MONSTER
12/03(月) 兵庫・CHICKEN GEORGE
12/04(火) 広島・CLUB Quattro
12/12(水) 福岡・DRUM Logos
12/14(金) 鹿児島・キャパルボホール
12/17(月) 東京・Zepp Tokyo

関連サイト

あいみょん公式サイト
http://www.aimyong.net/


The following two tabs change content below.
ヤマグチ

ヤマグチ

音楽と文学を愛する人。小説なら東野圭吾、バンドはLUNASEAが青春でした。売れないバンドマン時代もあり、今もバレないように生きています。

関連記事

  1. 『青春のエキサイトメント』/ あいみょん

    2017-09-13


MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!