ジキルとハイドグループ新ユニット”じきるとはいど”が初ステージ&デビューナンバー『群青とサイダー』MVを公開

「昼はかわいく、夜はかっこよく」二面性アイドルをプロデュースするジキルとハイドグループは先日、第5のユニット“じきるとはいど”をデビューさせた。
メンバーは兼任を含む6名で、ステージ初披露となったのは9月2日、場所は渋谷Club asia(クラブエイジア)だった。
今後も、姉妹グループと共に首都圏各地でステージを予定している。

群青とサイダー

“じきるとはいど”デビューに併せ、公式チャンネルより楽曲『群青とサイダー』のMVが公開された。
MVは海と青空のロケーションの中、メンバー達が手を取り合い歩んでいく様子が映し出される。
目線をくれてもふと逸らす仕草が初々しい、これはきっとキャリアを重ねたら見れなくなるのでレアである。
またいつか見直す映像となり「こんな時もあったね」と笑える日が来ることを願うばかりだ。

楽曲の方はハイテンポで爽やかなナンバーで、希望に満ちた彼女達のデビューにふさわしく仕上がっている。
概要スペースには歌詞も掲載しているので(意外と嬉しい仕様)、こちらもぜひぜひチェックしてみよう。

関連サイト

ジキルとハイド公式サイト
https://www.jandh00.com/
ジキルとハイド公式ツイッター
https://twitter.com/jandh_idol


 

The following two tabs change content below.
ヤマグチ

ヤマグチ

ライター / 富士宮市在住 / 個人事務所オフィスウタイト代表 / 作家名「山口歌糸」/ 評論文「竹取の赫野姫、古事記の佐久夜毘売」にて市民文芸ふじのみや第46号随筆の部優秀賞。元音楽経験者。
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!
;