遅咲きの実力派シンガーソングライターSURAN

K-POPといえばアイドルグループが主流となっているが、他のジャンルも負けてはいない。
今回紹介する実力派シンガーソングライターSURANもその一人で、韓国内では強い人気を誇っている。

出典:https://amazon.co.jp

宝玉ボイスと紹介されるほど、一度聴いたら忘れられない魅力的な声を持っている。
ブレイクのきっかけとなったのは2017年の春。
ミニアルバム『Walkin’』の先行曲「If I Get Drunk Today」が発表直後に韓国内の配信チャートを独占したことだった。
特徴的な歌声と楽曲の良さに加え、この曲のプロデュースをBTS(防弾少年団)のSUGAが手がけていたことも人気を後押しする形となった。

元々彼女は歌手志望ではなく、大学時代まではコンピュータ工学を専攻していたらしい。
だが作曲サークルに入っていたことがきっかけとなり、大学を中退し本格的に音楽の道を志すようになった。
やがて、2010年にBaily Shoo名義でインディーズデビューを果たした。
アーバンR&Bジャンルのアルバムを出し、この時期に複数のドラマOSTと多数のヒップホップ歌手のアルバムにてフィーチャリングアーティストとして活動していたという。

ヒップホップで下積みを重ねた後の4年間はジャズ歌手としてライブ活動していた。
そして、20代半ばでソウル芸術大学の実用音楽科へ再入学。
いくつものジャンルを模索し、2014年冬にシンガーソングライター・SURANとしてデビューすることになる。
Beenzino(ビンジノ)、Primary(プライマリー)、Yankie(ヤンキー)など韓国トップクラスのラッパーやプロデューサーらと作品を次々と発表。
ドラマのサウンドトラックにも採用され、音楽フリークの間で着実に知名度を上げていた。

その後は前述の通り、2017年の「If I Get Drunk Today(今日酔えば)」でブレイク。
BTSのSUGAはプロデューサーとして参加しており、SURANをシンガーソングライターとしての人気を確立させるに至った。

10代のアイドルたちが続々と登場しているK-POP。
熾烈な人気争いが繰り広げられる中で、”遅咲きのシンガーソングライター”という異色の肩書きを誇りに活動範囲を広げている。
海外進出を目標としており、いつか日本で生の歌声を聞ける日が来るかもしれない。

■公式Twitter
https://twitter.com/suranelenashin


[amazonjs asin=”B071WM3792″ locale=”JP” title=”Walkin”]

The following two tabs change content below.
nagatouch

nagatouch

東京都練馬区在住のコピーライター。バイト応募の電話さえできなかった 重度の人見知りがコピーライティングを鍛えるうちに自然と克服。 今では「3時間のインタビュー」「持ち時間50分の飲食店取材」「参加者150人の前でセミナー」も難なくこなす。静寂と芸術とハンバーグを愛する25歳。

MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

JavaScriptをOnにしてください

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!
;