宮崎県小林市出身のシンガーソングライター「NOBU」モバイルファンクラブサイトオープン!

代表曲「いま、太陽に向かって咲く花」で知られる、宮崎・小林市出身のシンガーソングライター「NOBU」のモバイルファンクラブサイトが2019年7月3日(水)にオープンした。

Image Credit : Value-press「NOBU」

この情報は先日、音楽アーティストのファンサイト運営を主に手掛ける「EMTG株式会社」が公式に発表したもの。
ファンクラブサイトではチケット最速先行の他、ムービー配信やラジオ配信などのコンテンツを提供する予定となっている。
宮崎が誇る新進気鋭のアーティスト「NOBU」のプレミア情報やサービスが満載で、これからもまだまだ楽しみな彼をより深く知ることができるぞ。
この機会にぜひチェックしてみてほしい!

「NOBUオフィシャルモバイルファンクラブ」サービス概要

▼会費
月額400円+税
※docomo、au、softbank、クレジットカード決済対応

▼対応OS・ブラウザ
・iOS 4.0以上 / Mobile Safari4.0以降
・Android 2.2以上 / 標準ブラウザ
※タブレット端末、ガラホ(テンキーの付いたスマートフォン)、らくらくスマートフォンは非対応

「NOBUオフィシャルモバイルファンクラブ」は、スマートフォンのみ対応のサービスとなります。
URL:http://sp.arena.emtg.jp/nobu/

シンガーソングライター「NOBU」プロフィール

NOBU」は、1988年生まれ、宮崎県小林市出身のシンガーソングライター。
5歳からピアノを習い始め、音楽に目覚める。
9歳の時、1997年に兄弟とバンドを結成し、NOBUはドラムを担当した。
14歳の時から作詞作曲を始める。
18歳の時にバンドが解散、ソロのシンガーソングライターとしての活動を開始する。

2012年にアルバム「POWER TO THE PEOPLE!!!」でメジャーデビュー。
2014年にはメジャーレーベルとの契約解除。
2017年7月、「いま、太陽に向かって咲く花」が再びメジャーリリースシングルとなり、第50回日本有線大賞「新人賞」第59回日本レコード大賞「新人賞」を受賞。
同年、出身地の宮崎県・小林市のPRソング「田舎女子高生」を小林秀峰高校の生徒と共に制作し、話題となった。
2018年には小林市の「ふるさと大使」にも任命され、活動の幅を更に広げる。
そして今年は「FREEDOM beach 2019 in AOSHIMA」「渋谷レゲエ祭り~レゲエ歌謡祭2019~」人気フェスへの出演も決定!
伝統ある街・宮崎が誇る若きシンガーソングライター「NOBU」に今、業界のみならず日本中が注目している。

MyuPlaに掲載された「NOBU」の過去記事はこちら→シンガーソングライター”NOBU”が世に送る『いま、太陽に向かって咲く花』

「NOBU」ライブ・ツアー情報

■「FREEDOM beach 2019 in AOSHIMA」
2019年7月20(土)・21日(日)
宮崎 青島こどものくに
開場 11:00 / 開演 12:00

■「渋谷レゲエ祭り~レゲエ歌謡祭2019~」
2019年9月21日(土)
東京 新木場STUDIO COAST
開場14:30 / 開演 15:30


引用元:Value-press
「NOBU モバイルファンクラブサイトオープン!!」
https://www.value-press.com/pressrelease/224000


 

MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

JavaScriptをOnにしてください

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!
;