バッキングトラックチャンネル「JTracks」(Japan Tracks) スタジオミュージシャン・コンポーザーによる多彩な楽曲をYouTubeで公開中!

楽器プレイヤー用のバッキングトラックをYoutubeチャンネルにて無料公開する「JTracks」(Japan Tracks)が、2019年10月よりスタート。
制作はプロのスタジオミュージシャンが担い、本格的なサウンドと多彩なジャンルの楽曲達が定期的にアップロードされる。
ギタリスト、キーボーディスト他、様々なリード系ミュージシャンに最適なチャンネルをぜひ活用しよう!

『Jtracks』はプロミュージシャン制作の公式バッキングトラックチャンネル

近年、Youtube(ユーチューブ)を中心にASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)や、フリー楽曲を使用したBGMチャンネルなどが流行している。
前者は睡眠導入やリラックスタイム用、後者は主に作業用に使われることが多いのだが、同時に海外ではプロアマ問わず楽器プレイヤー向けにバッキングトラックなるジャンルが台頭しているという。

バッキングトラック(Backing Track)とは、要するにリードパート(ボーカルやギター、キーボード、サックスなどのメロディー楽器)を抜いた楽曲のこと。
いわゆる伴奏のみとなるので、インスト(インストゥルメンタル=instrumental)とも厳密には異なる。
カラオケ文化の根強い日本では中々馴染みのないジャンルだが、楽器を演奏する人の多い国(アメリカ、ヨーロッパ、南米など)ではBGM、ASMRに続く第三のサウンドチャンネルとなっている。

「JTracks」はそんなバッキングトラック提供チャンネルの日本版としてスタート。
楽曲に関しては日本人ならではの繊細なセンスとプレイが持ち味となる。
制作を担うのは腕の確かなスタジオミュージシャン達。
淡泊な打ち込み音源ではない、リアルな揺れやブレなども感じさせる生演奏の音源を提供中だ!

「JTracks」公式Youtubeチャンネルはこちら→https://www.youtube.com/channel/UC1kyEX2UpvHHbc7KycmprxA/

「JTracks」楽曲は、ギタリストなどリード系ミュージシャンのトレーニングに最適!

「JTracks」チャンネル楽曲は主に、国内外問わず様々な楽器プレーヤー向けとなる。

代表的なのはギタリスト、他にはキーボーディスト、サックスなどのリード系ホーンセクション、更にはバイオリンなどのストリングス系プレイヤーにもおすすめだ。
楽曲ジャンルは多岐に渡り、定番のロック系から、ポップス系ロック、パンク、メタル、ファンク、またデジタル系・ミクスチャー系などもバッチリ押さえてある。

「JTracks」公式ツイッターでは随時オススメ楽曲紹介や、新曲公開情報もアップ!
リンクはこちら!→https://twitter.com/JTracks3

ソロアーティストやリードプレイヤーにとって、アドリブプレイ・メロディーメイク・リフのセンスは評価の大きな基準となるのだから、現役プロはもちろんのことプロ志向のアマチュアプレイヤーにもぜひ活用してほしい!
多彩なジャンルのバッキングトラックに合わせてプレイすることで、センスも幅広く磨かれるだろう。
楽曲の尺は、一般的なフルコーラスと同じ5分程度なので、1番!2番!!3番!!!と盛り上がりも意識してみよう!

「JTracks」の使い方は工夫次第!部屋のムードを彩るBGM用にもOK

「JTracks」の楽曲はプレイヤーのトレーニングだけでなく、想像次第で色々な使い道がある。

まずはボーカリスト・ラッパー(MC)の練習用として。
ボーカルやコーラスを担う人にとっては、声出しから歌メロを含む作曲テクニック、スキャット(ジャズやシャンソンで用いられるアドリブ歌唱)の腕を磨く練習にも使える。
楽曲によってはラッパーがフリースタイルの練習に使うのも可能だ。

さらにはインスト音楽・BGMとして、ただ部屋やパーティ・クラブなどで流しておくのもおすすめ
バッキングパートだけでも多少はメロディアスなリフやアルペジオ、コードワークやキメなどもあり、流すだけでもほど良い心地良さをもたらしてくれるだろう。

お気に入りの楽曲や使い道をそれぞれセレクトし、「JTracks」をプレイしてみよう!

関連サイト

Jtracks Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC1kyEX2UpvHHbc7KycmprxA/
JTracks
公式ツイッター
https://twitter.com/JTracks3


 

The following two tabs change content below.
ヤマグチ

ヤマグチ

ライター / 富士宮市在住 / 個人事務所オフィスウタイト代表 / 作家名「山口歌糸」/ 評論文「竹取の赫野姫、古事記の佐久夜毘売」にて市民文芸ふじのみや第46号随筆の部優秀賞。元音楽経験者。

MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

JavaScriptをOnにしてください

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!
;