演劇×アイドルをコンセプトに”故郷”を盛り上げるアイドルユニット・東京演劇女子.!これまでの軌跡と、これからの展望とは

東京演劇女子.は、劇団Human b.(1995年旗揚げ)が、2019年の夏に劇団の派生ユニットとして立ち上げたアイドルユニットだ。
演劇(女優)を軸とし、演劇×アイドルをコンセプトに「故郷を慕ぶノスタルジックで心打つ熱い演劇」「歌&ダンスのライブ」などを行うパフォーマンス集団となっている。

結成目的は、ゆかりの地の被災にあると言う。
1995年には、母体劇団の旗揚げ公演初日の10日前に主宰者・下村和啓の地元である関西地方で「阪神淡路大震災」があり、2011年には劇団の旗揚げメンバーである夏谷理恵の地元・気仙沼を含む東北地方で「東日本大震災」 があった。

身近な場所が未曾有の震災に見舞われたことから「人々の明日への活力となる演劇やライブを全国にお届け出来る集団を」と考えるようになり…時を要したが2019年の夏「東京演劇女子.」を立ち上げるに至った。

ユニットとして表現し続ける源は「故郷を慕ぶ、ノスタルジックで心温まる世界」また時に「熱くなる世界」としている。

そして演劇や音楽をパフォーマンスしていき、復興に向けて取り組む被災地や故郷を盛り上げようとしたが、2020年2月にライブデビューを果たした直後、全世界が「コロナ禍」に突入。
現時点、当初予定していた本来の活動はまだ行えずにいる。

だが今でも出来ることをと、 宮城県の気仙沼をイメージし、 東日本大震災からの復興を祈願するオリジナル楽曲 『花形見』 をリリースした。

さらに今年の3月11日(東日本大震災から11年目の日)には、気仙沼在住の菅原文子さんから快諾され、書籍を下地とした公演『負げねぇぞ』を披露。

コロナ禍が落ち着きをみせてきたようにも思える昨今の晩夏頃より、本格的に東北へ楽曲を届けに行ければと望んでいるという。

また直近では、5月末にオリジナル楽曲「蒼き叛逆」https://linkco.re/enevqS2c)をリリース。

6月5日(日)には ファーストワンマンライブ 『青空の下でキミに逢いたい』を開催し、盛況裡に終了した。

まだまだ小さな集団ですので恐縮でございますが、東日本大震災からの復興を願う事を軸に発足致しました「東京演劇女子.」何卒どうぞ宜しくお願い致します。
劇団Human b. 派生ユニット「東京演劇女子.」
主宰・座付劇作家・演出家・プロデューサー:下村和啓

48グループの地方進出を主軸に、今なお地方を拠点とするアイドルグループたちは熱い。
我が街の顔として、名産や文化をPRするだけでなく、いざとなれば復興や他都市との協力さえもアイドルたちにかかっているのではないだろうか。
東京演劇女子.は、名前には”東京”と付くものの、その心は地方都市にもあり、メンバーや関係者が各々の故郷を大事に思っているのがひしひしと伝わってくる。
今回、東京演劇女子.を知った方には彼女たちの活躍を通して、アイドルと演劇の可能性をぜひ感じてもらいたい…!

関連サイト

東京演劇女子公式HP
https://www.tej2018.net/
東京演劇女子公式Twitter
https://twitter.com/tej_official_pr
東京演劇女子公式Instagram
https://www.instagram.com/tej_official_pr/
東京演劇女子公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCuVhUz3WTszTtBYqZzidAcA


 


MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!
;