夢みるアドレセンス「アイドルレース」

アイドルブーム、バンドブーム、シンガーソングライターブームと、ミュージックシーンの『センター』は数年から十数年の周期でぐるぐると巡ってきた。

そんな中、2017年現在はアイドルこそが業界全体のセンターにあるといって異論はないだろう。
中でもぶっちぎりのシェアを誇るのが『AKBグループ』、ようやくそこに対等するのが『ももクロ』といったところか。

だが、そこへ続け追い越せとひた走るアイドルグループは今や星の数ほどいる。
夢アドこと『夢みるアドレセンス』もその一つだ。
2012年の結成から数多くのイベント、メディアに出演し、着実に力をつけてきた。
リリースシングルはオリコン一桁まで記録し、本当にあと一歩のところまで来ているのである。

そして、2017年の第一弾はシングル『アイドルレース』だ。
発売日は1月18日。
同日に『恋のエフェクトMAGIC』もリリースする。
作詞作曲には『ヤバイTシャツ屋さん』の”こやまたくや”氏を起用し、編曲には”NARASAKI”氏を起用した。
例えるなら、そのままだが『BABYMETAL』のようなヘビメタとアイドルの融合を今作では試みたのである。

このように、実験的な活動も辞さないのが夢アドの強みでもある。
メンバーは、ほぼ全員がティーン系ファッション誌のモデル出身であり、音楽面ではまっさらなキャンバスだが、足場はしっかりと築けている。

だが、年明け早々グループはピンチを迎えた。
メンバーの一人が急きょ脱退したのだ。
理由は公式では明らかにされていないが、脱退は確実なものらしく、メンバーは3人となり、これから進んでいくことになっている。
今作のPVは4人で撮ったものであり、あまりに急過ぎる展開に周囲も追われている状況でもある。

だが、ここで折れて良いものかどうか。
残されたメンバーたちは大きな試練を迎えている。
余談だが、どんな巨大なグループでも、歴史の中には必ずスキャンダルなどはあった。
一時は地に落ちたアイドルが、努力でセンターに上り詰めた例もある。
足が折れたなら歌い、喉が傷んだなら踊ろう。
そうしてトップアイドルたちは作られてきた。

夢アドの2017年をどうするか、それを決めるのは周囲ではなく何よりも本人たちの意思だ。

■アイドルレース(完全生産限定盤) Maxi Single
DISC.1
1.アイドルレース

関連サイト

夢みるアドレセンス公式サイト
http://yumeado.com


The following two tabs change content below.
ヤマグチ

ヤマグチ

音楽と文学を愛する人。小説なら東野圭吾、バンドはLUNASEAが青春でした。売れないバンドマン時代もあり、今もバレないように生きています。

関連記事

2017.01.19しまも -shimamo-「白いキセキ」

2017.01.30美波有里、セルフプロデュースでソロ活動を開始した現在を語る

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!