生駒里奈の卒業と乃木坂46の新曲『シンクロニシティ』

2018年4月25日、”乃木坂46”が通算20枚目となるシングル『シンクロニシティ』を発表する。
すでに各メディアでも話題になっている、素足にコンクリートのMV、抜群の透明感を持つ楽曲は、発売を前にしてもうみんなの耳に残ってしまっているのかもしれない。
そして、今作をもってして、結成時から中心メンバーとしてグループを支えた”生駒里奈”が卒業した。

”シンクロニシティ” それは…

共時性、ともいわれている。
“シンクロニシティ”は、至って曖昧な現象であり、異なる物体や事象が、ふとした瞬間に合わさる、あるいは重なること、というのがわかりやすそうだ。
楽曲の作詞はもちろん”秋元康”氏、作曲は”欅坂46”の『風に吹かれても』を作曲した”シライシ紗トリ”が担った。
“乃木坂46”の持つ透明感…。
そして、楽曲のコンセプトである”共時性”を表現しようと、MVではかなりの試行錯誤が行われ、ダンスの中にも単なる歩行やポージング、ちょっとした仕草などを意図的に振り付けとして、それが互いにシンクロ(この場合はシンクロナイズドの意味に近い)する瞬間を映像に収めようとしたという。
結果、ストーリー仕立てであったり、映像や構成にトリックを使うことはなく、シンプルでより美しいビデオが完成したのである。

楽曲『シンクロニシティ』

このようなコンセプトを持ってこられた時、楽曲、また映像はどうしたら良いだろうか。
その答えを、今作は示してくれている。
イントロはギターの音で始まる。
バンドアーティストでなくとも、ディレイ(音に山びこのような深い響きを与えるエフェクト)をかけた弦楽器の音を使うことで、曲に透明感と広がりをもたらす効果があることは、容易であろう。
加えて、乃木坂の歌声は、他のグループに比べて角がない。
人なら多少の濁りや、かすれ、ざらついた成分は声に持っているものだが、乃木坂はずっと裏声で歌っているような、さらさらと流れる声達なのである。
もしかしたら、『シンクロニシティ』がどのグループの楽曲にするか明確に決まらずに書かれたものであったとしても、悩むことなく彼女達に行っていたような、それこそ”乃木坂46”と、この楽曲の”シンクロニシティ”がそこにはあるのかもしれない。
楽曲全体もまた、MVと同様、特別なアレンジなどは施されていなく、シンプルな中でこそ歌詞、そして映像もさらさらとリスナーの中に流れてくる。
そして、どこか錯覚する「あれ、もう終わった?」と。
正に、何度も繰り返したくなる曲、『シンクロニシティ』をぜひ確かめてみてほしい。

一つの時代、”生駒里奈”という存在

彼女の存在は、限りなく大きい。
“生駒里奈”は、”乃木坂46”一期生としてグループに参加し、以降、乃木坂の象徴として立ってきた。
今でこそ、”白石麻衣”が乃木坂の顔だとされているが、生駒ちゃんがデビューからずっとセンターポジションに立ってきたことは、最初から見てきた人ならわかっていることだ。
ショートカットでボーイッシュ、清楚なクラスメイト(メンバー)達の中にいてどこか異質であった彼女がいるから、乃木坂はただのアイドルグループではなかった。
また、喋りはどこか拙く、あまり芯の強い子ではなかったから、デビュー時から務めてきたセンターポジションを”白石麻衣”に譲った時、彼女はただホッとしたと語っている。
6枚目のシングル『ガールズルール』以降、シングルナンバーでセンターに立ったのは12枚目の『太陽ノック』だけで、そして今作『シンクロニシティ』でもセンターを打診されたが辞退した。
アイドルに憧れて、輝く世界に憧れて、芸能界に入る子が多くいる中、生駒ちゃんは、ただ何となく打ち込むものを探して、ふらりと立ち寄った世界で偶然、自身の光に気づいただけだった。
だからセンターでなくても、話題にならなくても、彼女は笑っていた。
メンバーが、グループが、輝けるならそれでいいという表情だった。
つい先日行われた卒業コンサートでは、最後の最後に涙が溢れたものの、あくまでも彼女らしく笑って、メンバーにも元気に送ってほしいと言った。
『シンクロニシティ』は素晴らしい楽曲である。
今作でもあくまで脇に立ち、センターの”白石麻衣”とメンバー達を支える”生駒里奈”の姿を見てあげてほしい。

■シンクロニシティ (Type-A/CD+DVD)
DISC.1
1.シンクロニシティ《「はるやま商事」CMソング》
2.Against
3.雲になればいい《CX系「めざましどようび」テーマ・ソング》
4.シンクロニシティ ~off vocal ver.~
5.Against ~off vocal ver.~
6.雲になればいい ~off vocal ver.~
DISC.2
1.シンクロニシティ(Music Video)
2.Against(Music Video)
3.旅する3人~最高のお土産を探して~金沢編(白石麻衣・松村沙友理・若月佑美)
4.旅する3人~最高のお土産を探して~松阪編(衛藤美彩・樋口日奈・与田祐希)

■シンクロニシティ(TYPE-B/CD+DVD)
DISC.1
1.シンクロニシティ《「はるやま商事」CMソング》
2.Against
3.新しい世界
4.シンクロニシティ ~off vocal ver.~
5.Against ~off vocal ver.~
6.新しい世界 ~off vocal ver.~
DISC.2
1.シンクロニシティ(Music Video)
2.新しい世界(Music Video)
3.旅する3人~最高のお土産を探して~高知編(桜井玲香・新内眞衣・西野七瀬)
4.旅する3人~最高のお土産を探して~京都編(生田絵梨花・生駒里奈・星野みなみ)

■シンクロニシティ(TYPE-C/CD+DVD)
DISC.1
1.シンクロニシティ《「はるやま商事」CMソング》
2.Against
3.スカウトマン
4.シンクロニシティ ~off vocal ver.~
5.Against ~off vocal ver.~
6.スカウトマン ~off vocal ver.~
DISC.2
1.シンクロニシティ(Music Video)
2.スカウトマン(Music Video)
3.旅する3人~最高のお土産を探して~青森編(井上小百合・久保史緒里・堀未央奈)
4.旅する3人~最高のお土産を探して~山口編(高山一実・寺田蘭世・山下美月)
5.旅する3人~最高のお土産を探して~宮崎編(秋元真夏・大園桃子・齋藤飛鳥)

■シンクロニシティ(TYPE-D/CD+DVD)
DISC.1
1.シンクロニシティ《「はるやま商事」CMソング》
2.Against
3.トキトキメキメキ
4.シンクロニシティ ~off vocal ver.~
5.Against ~off vocal ver.~
6.トキトキメキメキ ~off vocal ver.~
DISC.2
1.シンクロニシティ(Music Video)
2.トキトキメキメキ(Music Video)
3.三期生 全メンバー”個人PV”

関連サイト

乃木坂46オフィシャルページ
http://www.nogizaka46.com





The following two tabs change content below.
ヤマグチ

ヤマグチ

音楽と文学を愛する人。小説なら東野圭吾、バンドはLUNASEAが青春でした。売れないバンドマン時代もあり、今もバレないように生きています。

関連記事

  1. “乃木坂46”の才女、生田絵梨花の魅力とは?

    2018-07-17

  2. “乃木坂46” 『真夏の全国...

    2018-07-12

  3. 乃木坂46「君の名は希望」

    2016-09-26

  4. 乃木坂46「制服のマネキン」

    2016-08-11

 

四谷LOTUS四谷LOTUS出演者募集中!


MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!