等身大の自分を表現する韓国のシンガーソングライター、Heize(ヘイズ)に注目!

出典:https://amazon.co.jp

韓国では、ヒップホップがブームとなっている。
その中でも特に注目されているのが、ヒップホップのサバイバル番組「UNPRETTY RAP STAR 」のシーズン2に出演し、切れ味鋭いラップで視聴者を釘付けにしたHeize(ヘイズ)だ。
ヒップホップの一般的なイメージは、クラブハウスで流れるようなダンス・チューンを思い浮かべるかもしれない。
しかし、彼女の楽曲の大きな特徴は、やわらかく内省的な印象を残しているところにある。
まるで日記の1ページを垣間見たような歌詞は、包み隠さず強がらず、正直な彼女の姿勢を感じることができる。

2014年にデビューしたHeize。
厳格な家庭に育った彼女は、親の反対を押し切る形で大学を休学しソウルへ上京。
「1年だけ」との約束でアルバイト生活をしながら音楽活動を行っていた。
デジタル音源はすべて自費でリリースしていたものの、思うような結果は出なかった。
当然、いつまでも続けられるとは思っておらず、諦めようかと故郷の大邱に戻ろうとしていたころに、人生の転機が訪れた。
それが、ラッパーたちのバトル型オーディション番組「SHOW ME THE MONEY」の女性版「Unpretty Rapstar2」の出演オファーだ。
多くの挑戦者たちは世間や相手を攻撃するような表現をする中、彼女は自身の話をフロウに乗せるラップを披露し、飾らない性格も相まってセミファイナルまで上り詰めた。
2016年リリースの「帰ってこないで」は彼女らしいメロウ・ヒップホップで、日を重ねるごとにチャートの順位を押し上げていき、1年2ヶ月後に1億ストリーミング超えを達成する。
シングル「あの星」は発表直後に各配信チャートで初の1位独占。
3rdミニアルバム『///(あなた 暗雲 雨)』では、リード曲の「Don’t know you」と「rainin’ with u」2曲ともに連続で首位を獲得。
デジタルシーンで大きな功績を残すHeizeは“音源クィーン”と称されるようになった。
日本でもテレビ朝日の音楽番組『関ジャム~完全燃SHOW』で紹介されるなど認知度が高まっている。

ルックスの印象から冷たい姉御肌気質をイメージされるが、実際は繊細で自分よりも相手を気遣うようなやさしい性格の持ち主。
『Unpretty Rapstar2』でHeize流のラップを披露した際も、相手を罵倒するのが申し訳ないとストレスを感じていたという。
また、デビュー前は両親に負担をかけさせまいとバイトを掛け持ちし、復学後も大学で主席を取得するなど、誰かのために力を尽くせる努力家でもある。
同性にも愛され、”ジャンル:Heize”をまっすぐにひた走る彼女。
彼女らしいスタイルで、今後も活躍してくれることだろう。

関連サイト

Heizeオフィシャルページ
http://stonemusicent.net/artist/?modal=artist_heize


 

The following two tabs change content below.
nagatouch

nagatouch

東京都練馬区在住のコピーライター。バイト応募の電話さえできなかった 重度の人見知りがコピーライティングを鍛えるうちに自然と克服。 今では「3時間のインタビュー」「持ち時間50分の飲食店取材」「参加者150人の前でセミナー」も難なくこなす。静寂と芸術とハンバーグを愛する25歳。

MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

JavaScriptをOnにしてください

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!
;