CANDY GO!GO!、満員の主催イベントで,永瀬りかの正規メンバー昇格を発表!!

4月8日に、シングル『HONEY TRAP』の発売を記念しTSUTAYA O-NESTを舞台に。
8月26日には、TSUTAYA O-Crestで。12月25日にはTSUTAYA O-WESTへ進出と、O-GROUP会場をサーキットするワンマンを展開しているCANDY GO!GO!。
同時に彼女たちは、TSUTAYA O-NESTを舞台に定期的に主催イベント「NEXT-GIRLS ONE!」を開催中。
このイベントでCANDY GO!GO!は、毎回生バンドを従えて演奏。彼女たちと志を同じくするアイドル/ガールズバンドをゲストに招聘している。
7月30日(月)に行われた「NEXT-GIRLS ONE!」には、CANDY GO!GO!を筆頭ANARCHY STONE/ケミカル⇄リアクション/C;ON/Nae(ex.涙-NAMIDA-)が出演。
先に発表事を記しておくと、この日のライブで候補生だった永瀬りかが正規メンバーへ昇格。
さらに新候補生として、夏井さらが紹介された。
この日より、新衣裳でのステージとなったCANDY GO!GO!。
当日の模様をお伝えしよう。

このライブ、限界を超える熱狂まで互いを導いてかないと終われない

バンド陣の手による、感情を熱く揺さぶるロックンロールな演奏が流れだす。
CANDY GO!GO!の最新SE『MITSUKO』の荒ぶるビートに合わせ、サングラス姿の菜月アイル高城しおり永瀬りかが舞台へ姿を現した。
続いて、同じくサングラス姿の杉本莉愛磯野未来なぎさりんが登場。激しさを増す演奏の上で、6人がウキウキはしゃぎだす。
そして…永瀬りかが頭上高く右手を掲げるのを合図に、演奏は『no-no-no』へ。
さぁ、ここからがCANDY GO!GO!のライブの始まりだ!!!!!!

魂を熱く揺さぶるように、彼女たちは「no-no-no」といきなり声を張り上げた。
ザクザクとしたギターの音が響く上で、サングラス姿の6人が『no-no-no』を歌いながら狭い舞台上を右へ左へと走り、交錯しあう。
力強く拳を振り上げ挑発する彼女たちの歌へ、想いを絶叫に変えぶつけ返す観客たち。
いつものCANDY GO!GO!のライブだ。相変わらずフロアーは、猛暑並の熱気じゃないか!!!!!!
激しくシェイクする演奏。
「Let’s get a Party!!」、『ハイボールの制約』を通しCANDY GO!GO!が観客たちを招待したのはサウナの中で踊り狂うパーティ(そこまで会場の温度は上がっていませんでしたけど、雰囲気がね)。
ダイナミックなダンスパフォーマンスを通し、挑発を止めないメンバーたち。
その誘いへ、観客たちも熱した声と拳をぶつける。
このライブ、限界を超える熱狂まで互いを導いていかないと終われない。
「みんな、もっと楽しんでいこうねー!!」、自称(?)和製アヴリル・ラヴィーンこと菜月アイルの煽りに続いて飛び出したのが、フリーキーでシェイクしたビートが心地好い『imishin』だ。
ズンズン弾むビートへ飛び乗り、メンバーも観客たちも両手を振り上げ跳ね続ける。
いや、一緒に跳ね続けていたい気分なんだ。
身体を熱く、嬉しく揺さぶる演奏へ身を預け、ニヤニヤした笑顔でとにかくはしゃぎたいんだよ。
前へと後ろへと飛び跳ね移動しながら、ウキウキきした感情のまま、もっともっとぶっ飛んでいたい!!

この日より、黒のセクシーな新衣装姿でのライブ。
ロック色を押し出しているCANDY GO!GO!らしく、最近は黒系の衣裳を軸に魅せている。
野性味あふれる彼女たちに、とても似合う?!姿と言っておこうか。
衣装のアイデアはメンバーから出たもの。
スカート姿も、じつはCANDY GO!GO!には珍しいスタイルであることも触れておこう。

なぎさりんの名言
「経験は豊富じゃないけど、CANDY GO!GO!は曲の種類はめちゃくちゃ豊富でしょ」

「今日はお知らせが沢山あるんですよ」(なぎさりん)の言葉に続いて、杉本莉愛が9月25日にTSUTAYA O-NESTで生誕祭を行うことを発表。
その発表に続いて披露したのが、『大切なお知らせ』。
きらびやかなギターの音色を合図に始まった演奏の上で、メンバーたちが次々と歌をリレー。
温かい歌声を通し、フロアー中の人たちの胸へ秘めた大切な想いを優しく届けてゆく。
『大切なお知らせ』、なんて胸をキュッとくすぐる愛らしい歌なんだ。
何時もは野性味あふれるステージングを魅力にせまる彼女たちだか、こんなにも乙女で優しい気持ちを垣間見たことで、心がキュッと疼いていた。
その気持ちを照れ隠すようにフロアー中から雄叫びが響くのも、CANDY GO!GO!のライブらしい光景じゃない。
最後になぎさりんの叫んだ「みんな愛してる」の言葉が、胸に嬉しく突き刺さった。
温かな想いを連投するように届けたのが、大切な仲間たちへ「何時でもここへ居場所を作って待ってるから」と想いを伝えた『CANDY』。熱した雄叫びが続くフロアー。
熱い手拍子を感じながら、メンバーたちは胸の内から沸き上がる仲間たちへ向けた温かいエールを、躍動したパフォーマンスや歌声に投影し続けてゆく。
これは、CANDY GO!GO!の変わらぬ気持ちを映し出した歌。
何より、CANDY GO!GO!とファンたちにとってアンセムとなる楽曲。
たとえファンを離れてもいい。
彼女たちは何時だってこの舞台の上で歌い続けているから、また戻ってくればいい。
そしてまた、一緒にオレンジの光を浴びながら笑顔になればいい。
終盤に飛び出したのが、激しいビートロックスタイルを炸裂させた『No way go back』。
これはCANDY GO!GO!流の挑発系ロックナンバー。
CANDY GO!GO!が求めるロックなスタイルを具現化した、ライブに於けるワイルドなバトルナンバーだ。
ダイナミックな動きを持ってせまる姿に魅入りながらも、挑戦的な歌に触発され、感情にグツグツとした熱を覚え続けていた。

「経験は豊富じゃないけど、CANDY GO!GO!は曲の種類はめちゃくちゃ豊富でしょ」、さすがじゃないか、なぎさりんのMCは…。
まぁ、何の経験が豊富じゃないのかは定かでないが、熱いライブを導く経験が豊富なのは、この日のライブても十分に伝わってきた。

最後にCANDY GO!GO!がぶつけたのが、「このステージにいる理由」を歌に込めた『Fake News』だ。
触れた瞬間から心を一気に晴れな気分へ開放する、広がりを覚える楽曲だ。
確かな強いメッセージを詰め込みながらも、それを突きつけるのではなく、歌や演奏で大きく包み込む。
それが、今のCANDY GO!GO!流の想いの共有を求めるスタイル。
何時か音源になるのだろうか、そのときに改めて歌詞に込めた想いをメンバーらに伺いたい。
今は、気持ちをカラッと開放するこの心地好さを、笑顔と揺れる身体に伝わる振動を含めて抱きしめていたい。

シングル『HONEY TRAP』がフジテレビの番組「魔女に言われたい夜」の8月度エンディングテーマに決定

演奏後に、OKBプロデューサーより「大切なお知らせ」が告げられた。
一つ目が、シングル『HONEY TRAP』がフジテレビの番組「魔女に言われたい夜」の8月度エンディングテーマに決定したこと。
二つ目が、「永瀬りかの正規メンバーへの昇格」。その言葉を聞き、涙ぐむ永瀬りか
彼女は、その嬉しさを「1ヶ月前、わたしだけ正規メンバーに選ばれなくてホントに悔しくって、頭がおかしくなって。
でも、この1ヶ月たくさんの人たちが応援の言葉をかけてくれて、投げださずにこれました。正規メンバーになれたのはみなさんのおかげです、これからもよろしくお願いします」と語ってくれた。

さらに、三つ目の大切なお知らせとして、新たな研修生として活動を始める夏井さらが舞台に登場。
「19歳、大学二年生の夏井サラです。今までロックに無関係な人生を送ってきたので、頑張ってロックになりたいと思います。精一杯頑張っていくのでよろしくお願いします」と挨拶。
ひとまずは、杉本莉愛永瀬りかと一緒に派生ユニットの道玄坂上り隊のメンバーとして活動することが決定している。
これからもCANDY GO!GO!の動きを、しっかり追いかけ続けてくれ。

最後に、8月26日(日)のTSUTAYA O-Crestワンマン公演に向け、なぎさりんが以下の言葉を届けてくれた。
「4月8日に、シングル『HONEY TRAP』の発売も兼ねたワンマン公演をCANDY GO!GO!が主催イベントを行っているTSUTAYA O-NESTで演ったんですけど。
あの日のワンマンがめちゃめちゃ良すぎました。
twitterでエゴサーチをしても、お客さんたちの満足度も良すぎる反応ばかりなんですね。
だからこそ、それを超えなきゃと自分たちでもハードルを上げてるんですけど。
でもCANDY GO!GO!自体が、毎回のライブごとに”前回を超えるライブを” ”毎回、最高を更新し続ける” 意識で向かっているように、この日に向けての一本一本のライブはもちろん、TSUTAYA O-Crestでのワンマン公演でも、今のCANDY GO!GO!を超えるステージを見せますから。
それと、CANDY GO!GO!は、毎月最終月曜日にTSUTAYA O-NESTを舞台にガールズバンドやアイドルたちをゲストに迎えながら、CANDY GO!GO!も生バンドを従え、主催イベントNEXT-GIRLS ONE! を行っています。
昨年までの定期公演では、一時期の勢いが衰え、CANDY GO!GO!の動員が30人にも満たないような大変だった頃もありましたけど。
最近では、主催公演のたびに100人を越す人たちが来てくれるようにまで持ち直しました。
今日も、そう。
その勢いを、今年12月25日にTSUTAYA O-WESTで行うワンマン公演へ繋げていきたいんです。
TSUTAYA O-NESTでのワンマン公演を満員にした勢いを加速させるように、TSUTAYA O-Crestワンマンへそのパワーを繋げ、今年最後を飾るTSUTAYA O-WESTのワンマン公演もSOLD OUTにまで持っていきたいなと思っています。ぜひ、応援よろしくお願いします」

TEXT:長澤智典

関連サイト

CANDY GO!GO! Web
http://one2one-agency.com/
CANDY GO!GO! twitter
https://twitter.com/onecandygogo
なぎさりん twitter
https://twitter.com/Rin_rorigao
菜月アイル
https://twitter.com/aiaichan20
磯野未来
https://twitter.com/mikichi0223
高城しおり
https://twitter.com/sioritakazy0
杉本莉愛
https://twitter.com/smile_riaivi
永瀬りか
https://twitter.com/rika_nagase
夏井さら
https://twitter.com/natsuisara

セットリスト

『MITSUKO』(新SE)
『no-no-no』
『ハイボールの制約』
『imishin』
『大切なお知らせ』
『CANDY』
『No way go back』
『Fake News』

★INFORMATION★

「CANDY GO!GO! ONE MAN LIVE GIGS 2018 Ver2.0」
2018年8月26日(日)
会場:TSUTAYA O-Crest
時間:OPEN16:20~ START17:00
料金:前売2500円 当日3000円 各1D代別
出演:CANDY GO!GO! (with BAND)

関連記事

  1. CANDY GO!GO!「ワンチャン☆サマー」

    2016-08-22

  2. CANDY GO!GO!、4月8日に行うワンマン公演...

    2018-04-02

  3. CANDY GO!GO!、リリース記念ワンマン公演は...

    2018-04-13

  4. CANDY GO!GO!、8周年主催イベントで「55...

    2018-06-27


MyuPlaからのお知らせ

  1. アクセス数集計機能を改善しました。

    2018-06-06

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!